「グリーティングカード」を使って短い手紙をあの人に!

手紙

誕生日のプレゼントや結婚祝い・新築祝いなどの贈り物に添えるカードを「グリーティングカード」だと思っていませんか?確かにカードには変わりありませんが、イベント事だけではなく季節ごとに送り合える便利で短い「手紙」なのです。使えるシーンや書き方についてご紹介します。

グリーティングカードとは

海外ではクリスマスや新年のお祝いなどに交わされるものです。誕生日や結婚などのお祝いにも使えますが季節の手紙としても送ることができます。親しい友人や普段手紙を書いて送る機会のない家族にも、日頃の感謝の気持ちを書いて送ると良いですね。

添え書き用のカードのような印象が拭えない感がありますが、「暑中見舞い」や「寒中見舞い」のような習慣がない海外の方への手紙にも役立ちます。

グリーティングカードの書き方

文具店やバラエティショップで販売されているグリーティングカードですが、とてもカラフルなものが多く見られます。便利なことに封筒がセットされているので「ちょっとだけ書いて送りたい」というときこそぴったりなものです。

メッセージを書くカードは二つ折りになっているものがほとんどです。縦折りのものならば右側に、横書きのものなら下側に書くのが正しい書き込み位置です。「中は真っ白なのに」と思うかもしれませんが、左側や上側は空白のままにしておくというのがマナーです。

インクの色は手紙の書き方に準じて黒色またはブルーブラック・青色が良いでしょう。ただし親しい間柄の方へのものならばカラフルなペンで書いても楽しいものになりますね。

身近なグリーティングカードは結婚式の案内状

結婚式の案内状は、私たちにとって一番身近なグリーティングカードです。受け取っても「これがグリーティングカードである」などと思って開封するわけではありませんが、普段カードを送り合う習慣がない日本人が一番使っているものなのです。ただし結婚式の案内状はすでに日本仕様になっているため、上下・左右のどちらの面にも文章がついているものになっています。

年賀状を「新年を祝うカード」に変えてみよう

日本に古くからある習慣である「年賀状」ですが、ちょっとオリジナリティに欠けるな・・・と思っている方はぜひグリーティングカードに変えてみましょう。絵柄も海外向けならばクリスマスを思わせるものを早めに書いて投函しますが、古風な和柄のものなどを新年のカードにしてみるとマンネリ化している年末恒例の行事がちょっと新しいものに見えてきますね。

お祝い事にもグリーティングカードを活用しよう

卒業祝いや入学祝い・就職祝い・誕生祝いなどなど、お祝い事は身の回りに溢れています。「卒業おめでとうございます」と便箋に黒色のインクで丁寧にしたためた手紙をいただくのはとても嬉しいものですが、これを楽しいポップな柄の卯gリーティングカードに変えてみると・・・読む楽しみと同時にカードは「飾る楽しみ」を持つものもたくさんあります。「飛び出す絵本」のようなものや、読んだ後にペーパークラフトとして活用できるものなど志向を凝らしたカードを送ってみませんか?

グリーティングカードを書こう:まとめ

長い手紙を書くのが苦手という方にはぴったりなグリーティングカードをもっと活用しましょう。さして用件はないのだけれどどうしているかしら?と思った時が書き時です。メール感覚の短い文章で差し出してみましょう!

手紙の書き方  手紙の書き方