「頭語」と「結語」は手紙に欠かせない「ごあいさつの言葉」

手紙の書き方

「頭語」も「結語」も手紙におけるごあいさつの言葉

人に会ったら「こんにちは」、別れるときには「さようなら」。「お邪魔します」や「お邪魔しました」のようなあいさつは子どもの頃に教わりますね。会話で交わすあいさつは自分の身に染み付いた基本の「き」で忘れようもないものでしょう。

手紙における「頭語」は「こんにちは」に当たる言葉で「結語」なら「さようなら」に当たる言葉になります。いきなり本題に入らずに、きちんとあいさつをしてから要件をという日本ならではの奥ゆかしさから生まれた「手紙の作法」です

「かしこ」は女性だけが使う結語

ひらがなが使われるようになるまでは時代劇でよく耳にする「御座候(ござそうろう)」が文末などに使用されていました。「候」が句読点がわりに使用されていたため手紙は「候文」という男性独特の言葉で書かれていました。その後ひらがなが生み出されるとその流れるような美しい文字を生かした女性らしい言葉「かしこ」が誕生しました。

手紙の最後に「かしこ」と書いて良いのはこのひらがなを記した名残から女性だけになったのです。

「頭語」と「結語」はふたつでセットになっている

「こんにちは」に「バイバーイ」ではあいさつとしてどうもしっくりこないですね。チグハグなあいさつにならないために「頭語」と「結語」はセット(対)で初めて成立します。「拝啓」は「つつしんで申し上げます」という意味の頭語、対になる結語は「つつしんで申し上げました」という意味の「敬具」になります。

「季節の挨拶は省略して本題に入ります!」という意味に当たる「前略」には、おしまいに「走り書きして申し訳ない」という意味の「草々」を書くことになります。

つつしんで申し上げて文末に「走り書きでごめん!」では格好がつきませんね。セットになっているという理由はここにあるのです。

女性は「拝啓」「前略」で始めた手紙はどちらも「かしこ」の結語で構いません。ひらがなで「かしこ」と上手に書けるようになったらかなり女子力が上がりますよ。

ビジネスシーンでは「頭語」「結語」の種類がちょっと変わる

プライベートな手紙の「頭語」と「結語」には「前略・草々」のように時候の挨拶は省略した、砕けた印象のものも存在します。でもビジネスシーンで「走り書きごめんなさい!」なんてことはあり得ないことです。礼儀を重んじる方にもしこんなことを書いた手紙が渡ってしまったら取引不成立なんてことにもなりかねません。

ビジネスシーンで一般的に使われるのは「拝啓・敬具」でほぼこれだけでもOKでしょう。つつしんで申し上げれば誰も怒る人はいないでしょう。

ちょっと覚えておくと便利なのは「往復書簡」のように返信をするときの頭語「拝復」です。返信に「拝復」と頭語がついていたら「礼儀を知っているな」と点数を上げてもらえるかもしれませんね。また、目上の方に送る儀礼性が高い手紙・文書の時には「謹啓」、結語は「謹言」もしくは「謹白」とすると印象が違ったものになります。

TPOに合わせた「頭語」「結語」を使えるようになろう

プライベートでもビジネスシーンでも、折々のことばとともにTPOに合わせて使い分けができるようになると手紙上級者です。「手紙」といえども手書きのものが少なくなっている今こそ、「頭語」と「結語」で差をつけてみませんか?

「頭語」と「結語」:まとめ

手紙を書くことが少ない時代ですが、人に会ったら挨拶をするように「頭語」と「結語」を使えるようになったら怖いもの無しです。マナー教室や教養講座などでも必ず取り上げられる「頭語」と「結語」を自在に操れば、人とは違う「上質な手紙」の書き手になりましょう!

手紙の書き方  手紙の書き方