あの人に送ろう!手紙とともに封筒で送れる「小さなギフト」

便箋

ポストから封筒を取り出した時、便箋だけよりもほんの少し厚みがあったらちょっと嬉しい気持ちになります。便箋にしたためられた手紙とともに写真が入っているだけでも楽しく思えるでしょう。手紙に添えて送ることができる「小さなギフト」で、先様に温かい気持ちを届けましょう。

封筒に入れて送って良いもの・悪いもの

封筒に入れて普通郵便で送ってはいけないものは「お金」ですね。オレオレ詐欺で一躍有名になりましたが、お金を入れて送ってはいけません。きちんと現金用の封筒を購入してからですね。

ここでいう「封筒」とは、定形郵便物として送って良いものを指しています。25グラムまでなら82円、50グラム以内なら92円切手を貼れば差し出せるものです。厚みは1センチ以内に収まれば定形郵便物の範囲内です。これらの規格に収まるものなら送って良いということになります。ただし、破損の恐れのあるものは送らないようにしましょう。

読書が趣味という方には

おしゃれな雑貨店で見つけた素敵な「ブックマーカー」はいかがですか?厚みというほどの厚みはなく、さりげないけれどおしゃれな「しおり」のことです。紙製のものが多いですが、金属製のものや葉っぱを加工して葉脈だけを残して箔押ししたものなどがありますね。音楽教室に通っている方ならバイオリンなど楽器をかたどったものや革製のものなら長い期間使えて使い込むほどに手に馴染んで味も出てくるものです。

文具集めが好きな方には

可愛い小鳥型のクリップやスイーツをかたどったメモパッドなどが喜ばれます。事務用品に数えられるクリップも手のひらよりも少し小さいぐらいのサイズで薄く高級感のあるアート感溢れるものなどが目につきます。メモパッドといっても洋風なものばかりではなく、手すき和紙のような空気感までも変わりそうなものを見つけてみましょう。

自然やおしゃれを愛する女性には

「香りを贈る」という文化が日本にはあります。「文香」という香木から作られたものがありますが、これは古来から手紙に香を焚き染めて送っていたことの名残から来ています。文香でなくても、素敵な香りの香水をレースペーパーなどに吹き付けて封筒に入れれば開封した時にほんのりと良い香りが漂います。

香りとともに自然や草花を贈ることもできます。ハーブをひと枝乾燥させて封筒に入れると爽やかな空気を届けられますね。乾燥剤を使って水分を抜けば色も鮮やかなままにお届けできます。またお花見の桜や野に咲く草花をちょっと押し花にして添えて送れば季節の便りにもなりますね。桜の花を送ってとりわけ喜ばれるのは海外在住の方ですね。

大人も子どももペーパークラフト

ペーパークラフトは一部の人たちにだけ通用する趣味ではありません。確かに飛行機やロボットなどのペーパークラフトが多いように思えますが、動物や魚・花に果物など様々なものが作れるのです。

日本のペーパークラフトといえば「折り紙」でしょう。子どもさんに宛てた手紙に可愛い動物を折って同封してあげたら喜ばれますし、出来上がりでなくても色柄の美しい千代紙を「次に会う時に何か作ってね」と書き添えて贈ると次への楽しみが繋がります。

封筒に入る「小さなギフト」:まとめ

日本には「心づけ」という文化があります。心づけは「お金」であることが多いようですが「小額のもの」という意味もあります。手紙をやり取りするだけでなく、「心づけ」も一緒に送って交流を深めることもできます。

手紙の書き方  手紙の書き方