お悔やみの手紙の書き方と例文

手紙で弔意を表す

人生のいろいろの節目の中で、人が亡くなることがあります。親族や知人などの訃報を受け取ったとしても、何らかのやむを得ない事情で弔問できないこともあるはずです。そのような時に送るのが、お悔やみの手紙となります。まずは弔電を打ち、その後なるべく早くお悔やみの手紙を書いて弔意を表すのが一般的です。お悔やみの手紙は初七日までに出すのがマナーですが、葬儀後に訃報を受け取った場合など、初七日を過ぎている場合は、できる限り早く手紙を出すようにします。香典を添える場合、弔問と同様に不祝儀袋に入れ、薄墨の筆で表書きをし、お悔やみの手紙と一緒に現金書留専用の封筒に入れ送付します。それでは、このお悔やみの手紙の書き方と例文について説明していきます。

書き方の要点

・頭語や時候の挨拶は書かない
お悔やみの手紙では拝啓や謹啓のような頭語、季節に合わせた時候の挨拶などは書きません。このような前置きはなく、いきなり本題に入ります。

・お悔やみの手紙を送る理由を書く
あくまでも手紙は略式となるので、弔問に伺えない理由と共にお詫びを書きます。後日伺う予定があれば、それも書きます。

・遺族を気遣う言葉を書く
悲しみを表すことは大切なのですが、そればかりでなく遺族を気遣う言葉を多く書くようにします。

・忌み言葉は使わない
重ね言葉や直接的な表現を避けます。「重ね重ね」「またまた」「次々」「再三」「追って」などの繰り返し言葉は次があることを連想させてしまいます。「死ぬ」「滅ぶ」「死亡」「生存」「生きている」などは死を連想させるので避けます。これらは「ご逝去」「ご生前」などの柔らかい表現にします。

取引先の人が亡くなった場合の例文

「貴社取締役総務部長○○様のご逝去のお知らせを承り、驚きと悲しみを深くしております。
ご生前は格別のご厚情を賜り、今日の弊社がございますのもひとえに○○様のお力添えがあってのことと改めて感謝いたしております。
ご遺族の方々をはじめ、社内の皆様のご心痛はいかばかりかと拝察いたします。本来であればすぐにでも弔問にお伺いすべきところ、遠路ままならず、略儀ながら書状にてお悔やみを申し上げる次第でございます。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。  合掌」

父親が亡くなった場合の例文

「この度はご尊父様ご永眠のご訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
このような悲報を受けるとは思いもよらず、ただ呆然とするばかりです。本来ならばすぐにでもお伺いしたいのですが、やむを得ぬ事情により、書状にてお悔やみ申し上げることをどうぞお許しください。心ばかりのご香料を同封いたしました。どうかご霊前にお供えいただきたく存じます。
ご家族の皆様には、一日も早く悲しみを乗り越え、心穏やかに暮らすことができますようお祈り申し上げております。
ご生前のご厚情に感謝いたしますとともに、ご尊父様のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。  合掌」

夫が亡くなった場合の例文

「この度はご主人様ご逝去の訃報に接し、何と申せばよいのか慰めの言葉も見つかりません。
ご主人様と私とは、○○大学時代からのお付き合いでございました。お元気な頃を思い、今はただ悲しみが込み上げてまいるばかりでございます。
ご家族様のご悲嘆はいかばかりかと存じますが、一日も早くお心の痛みが癒えますよう、心よりお祈りいたしております。本来ならばすぐにも参上し、ご焼香申し上げるべきところ、遠路ままならず参列できませんことをどうぞお許しください。帰郷の際には改めてお伺いしたいと存じます。
心ばかりのご香料を同封いたしましたので、ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。ご主人様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。  合掌」

子供が亡くなった場合の例文

「ご子息様ご急逝のお知らせを受け、信じられない思いでおります。
お元気な頃、屈託のない笑顔で接してくれたお姿を思い起こしますと、突然のことに、驚きと悲しみを抑えることができません。すぐにでもかけつけたいのですが、やむを得ぬ事情によりかないませんことをお許しください。
ご両親様をはじめ、ご家族の皆様にはさぞご落胆のことと存じますが、どうかお身体を大切に、一日も早くお心が癒されますようお祈りいたしております。
ご子息様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。  合掌」

まとめ・早く出すことが基本

親族や知人が亡くなった場合、直接出向いてお悔やみを申し上げるのが、正式なのですが、事情により行けない場合、お悔やみの手紙を送り、弔意を示します。略式の手紙の場合でも、なるべく早く出すのがマナーで、初七日までに出します。しか、初七日を過ぎている場合でもできる限り早く出します。お悔やみの手紙には、それに応じた書き方があることがわかります。頭語や時候の挨拶は書かず、いきなり本題に入ります。弔問に行けない理由とそのお詫びを書きます。 悲しみも表現し、遺族を気遣う言葉を書きます。繰り返し言葉や死を連想させる忌み言葉は使わないようにします。これらのことを考慮してお悔やみの手紙を上手に書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方