貸したお金を返してもらうためには?催促の手紙で相手に返金を訴えかける方法!

tegami

書き方の要点

催促の手紙は、約束したことや依頼したことの実現を促すことが目的です。相手が約束などを実行しない原因には、うっかりしていたとか、努力を重ねても思うようにならなかったという場合もありますが、多くの相手は怠慢や無責任から生ずるものです。催促するということは、その怠慢などの相手の落ち度を問うわけですから、どんなに言い回しを巧妙にしても、相手はあまり良い感じを持ちません。ですから、感情を害さないように慎重に構えなければなりません。相手を刺激する書き方は避けます。こちらが困っている事情を率直に述べて相手に理解してもらうことが大切です。しかし、要点は外さないようにします。相手の事情も察し同情を温存しながら、忍耐強く相手の良心に訴えます。二度三度催促しても誠意を示さない場合でも、人格を無視したり非難を加えることは避けます。

貸し金を丁重に催促する

貸し金を丁重に催促する手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、ご返済・期限・期日・ご返金・ご配慮などがあります。文章例は次のようになります。前略 先般ご用立ていたしました金子五十万円也、お約束通り先月末までにはお返しいただけるものと無理してご融通申し上げたのですが、その期日も過ぎまして今日にいたるも、そのままになっております。ご都合いかがでございましょうか。 いろいろご事情もおありのこととは存じますが、私どもの方も子供の高校進学を控えていろいろと出費が多く、家計のやりくりに困っておりますので、至急ご返金くださるよう、折り入ってお願い申し上げます。草々 といった感じです。

送金を催促する

送金を催促する手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、ご用立て・困窮・ご送付・お立て替え・ご融通などがあります。文章例は次のようになります。お母さん、先日お手紙でお願いしたお金のこと、どうなりましたでしょうか。お兄さんにご相談してくだされば、何とかご都合してもらえるんじゃないかと思うのですけれど。 事情はこの前の手紙に書きましたら、おわかりいただけたことと存じます。今の下宿はとても不愉快で、これ以上一日も我慢できないくらいなのです。 これに比べ、今度引越そうと思っている先は、とても静かで通勤にも便利、部屋代も格安と言うね滅多に探し当てられないような良いアパートですので、私としては、この機会をどうしても逃したくありません。 暮れのボーナスで半分はお返しできる予定ですから、どうぞ早くご都合して、ご送金くださるようお願いいたします。といった感じです。

重ねて貸し金を催促する

重ねて貸し金を催促する手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、ご返済・困窮・確約・履行・窮状・ご都合・ご融通などがあります。文章例は次のようになります。先日お手紙を差し上げましたが、未だに何の返事もいただけず、たいへん残念に思っております。 例のお金は、当方に余裕があってご融通したわけではなく、あなたのたってのお願いに同情し、決して期日に遅れることはないとのご確約を信じてご用立てしたものです。これまで強い催促を差し控えてきましたのは、お互いの交際にヒビを入らせたくないとの配慮からですが、これ以上ご返済が遅れては、私としても何らかの方法を講じないわけにはいきません。どうかよろしくご考慮の上、何分のご返事をお願い申し上げます。といった感じです。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です