はがきの書き方:正しい表書きの方法

添え状

はがきの表書きは一番初めに先様に読まれるものです。美しくてとても珍しい絵葉書だったとしても、字が乱雑であったり統一感のないものだと印象を悪くすることもあります。

基本は「丁寧に楷書で書く」ということですが、バランスよく文字を配置することもとても重要になります。

縦書きと横書き、どう書き分けるか

手紙のマナーとしては「目上の方に宛てるなら縦書き」ということが基本です。横書きは比較的軽めの内容のものやいわゆる「ポストカード」のようなものになりますね。また裏面に書く「本文」が横書きであればおもて面も横書きなど、裏表がちぐはぐにならないようにします。表と裏の上下が逆さま、なんてことにならないように注意しましょう。

郵便番号の枠がないはがきではどこに書けば良いのか

これは迷います。というよりも「なんとなく体裁にこだわって書いてみました」という風を表現したくて、郵便番号を下に書いたり志向を凝らすこともあるでしょう。しかし、はがきを含む郵便物の書き方にはルールがありそれには理由もあります。

郵便番号の枠がある場合は問答無用で枠内にしか書けません。郵便局の文字認識用の機械が判読できるように書くのが当然でしょう。もしも枠がなかったとしてもはがきを縦にして左上の隅に切手を貼り、その右側に郵便番号を記載します。

横書きのポストカードでおもて面には何もプリントされていない場合は、右上の隅に切手を貼ります。郵便番号は枠がない場合には住所など宛名の上方に位置するように書くことになります。

郵便番号の枠がない場合、どこに書くかの基準点は「切手の位置」ということになるのです。

文字の大きさは「宛名」を一番大きく

縦書きのはがきでは基準位置が中心線です。はがきを真っ二つに折り曲げるわけにはいかないので、だいたい郵便番号枠の1桁と2桁の間を目安にすると良いでしょう。全体的なバランスを見ながら宛名を書き入れます。

住所は多くても3行に収まるように書いた方が良い

次に先様の住所を書きますが、一番バランスが良いのは郵便番号枠の右から1桁と2桁の中心線から書き出すとちょうど良くなります。宛名の文字よりも小さめの文字で、長い場合は2行程度に収まるように書くと体裁が良くなります。2行目の書き始めは、1行目より1文字程度下げます。

番地などの数字は漢数字でもアラビア数字でも見やすい方を選びますが、混在させずにどちらかに統一しましょう。

差出人の郵便番号は書く?書かない?

写真をプリントした年賀はがきなどをインターネットなどで注文することがありますが、宛先の郵便番号枠はあっても差出人の分の枠が印刷されていない場合があります。もしも枠がなかったとしても、差出人も郵便番号を記載するようにしましょう。先様が返事をくださることだってあるのです、そんな時に郵便番号をわざわざ調べさせるなんて失礼に当たると思いませんか?

差出人の氏名は先様の住所の文字よりほんの少しだけ大きく

はがきの左端に寄りすぎないように書くことでバランスが取れます。切手の左端の位置から下がったあたりに、先様の住所の文字よりも「気持ちだけ」大きめに氏名を書き入れます。切手右端から下がったあたりに住所をより小さめの文字で書けば体裁の良いはがきのおもて面が完成します。

はがきの正しい表書き:まとめ

インターネットや店舗でまとめて注文して作ったり、自宅でパソコンから出力するはがきがとても多い世の中です。ぜひ表書きだけでも心を込めて「自筆」で書いて見ましょう!

手紙の書き方  手紙の書き方