はがきの書き方

手紙を書くときにはその用途がどのようなものであるかがとても大切です。正式な手紙であるのか、目上の人への丁寧な手紙であるのか、親しい人へのカジュアルな手紙であるのかによって使い分けを知ることは大切なマナーです。封書にするかはがきにするか使い分け方をしっかり知っておきましょう。

どのような用途にはがきを送るか

はがきは他人に見られても構わない内容や用件を伝える時に使用します。基本的には身内や親しい友人などに送るものです。もともとは覚書のような役割をはたす略式のもので、漢字では「端書」とも書き、紙の切れ端に書いたメモや付箋の意味をもつものでした。現在でも目上の人に送ったり正式なものや他人に見られては支障がある内容のものの場合は封書を用いるようにします。
祝い事、礼状、依頼といった用件は封書で送るのが礼儀とされていますが、もう既に相手に会う約束がされている場合や急ぎの用件である場合などは、はがきでも良い場合もあります。状況に応じて正しく使い分けるようにしましょう。
【はがきを送る用件】
・身内、友人、親しい人へ送る
・新築、節句、結婚記念日などの祝い事
・贈答のお礼
・年賀状、暑中見舞いなど季節の挨拶
・転居、結婚、出産、退職、異動などの通知
・招待状、案内状
・喪中の知らせ、死亡の知らせ

はがきの書き方

はがきは内容を簡潔に相手に伝えることを目的としているので、手紙の基本構成「前文」「主文」「末文」「後付け」のうち、「後付け」書いた日付・差出人・宛名は裏に書く必要がなく、はがきの表に書くようにします。また、頭語と結語を省いても構いませんが、目上の人へ送る場合やビジネスでは頭語と結語を用いた方が丁寧な印象になります。また、はがきの頭語は手紙と異なり一文字下げて書く必要はありません。
はがきはスペースが限られているため、小さな字で細かく書くと相手が読みづらくなってしまいます。上下左右の余白を1㎝以上とり文字をバランスよく配置するように考えて書くようにします。
目上の人に送る場合や改まった内容の場合は、縦書きにし、親しい人へのカジュアルな内容の場合は、横書きにしても良いでしょう。

宛名の書き方

縦書きに書くのが基本ですが、親しい人へのカジュアルな内容を横書きで書いた場合は表の宛名も横書きにしても構いません。

【縦書きで宛名を書くときに注意すること】
・はがきの表に書く
・住所は郵便番号の右端下に一文字空けて真っすぐに書く
・住所の番地などは漢数字で書く
・相手の名前は郵便番号の左3桁の下あたりに二文字ほど空けて書く
・相手の名前は住所より大きめの字にする
・切手は左上に貼る
・自分の住所は左側に相手の住所より小さめに書く
・自分の住所と名前の末字の高さを揃える

【横書きで宛名を書くときに注意すること】
・親しい人へのはがきの場合のみ、横書きでも良い
・はがきの表に書く
・住所は切手の1~2㎝下、左から二文字ほど空けて書く
・住所の番地などは算用数字で書く
・相手の名前は住所の下に書き出しを右に一文字空けて書く
・相手の名前は住所より大きめの字にする
・切手は縦長のはがきは左上、横長のはがきは右上に貼る
・自分の住所は右下側に相手の住所より小さめに書く
・自分の住所と名前の末字を揃える

手紙の書き方  手紙の書き方
by