ふるさと切手や特殊切手:あの人に送る楽しい切手選び

tegami

日本郵便で現在販売されている「普通切手」は現在23種類に及びます。一番小額な1円切手から1,000円の富士図の切手まで額面も色柄も様々です。慶事用や弔事用もあり、手紙を差し出すシーンによっても使い分けることができます。

小額の切手、使い道は?

郵便の料金は少しずつ改定されています。消費税に比例して2円上がったりした時に以前の50円のはがきを交換せずに使いたい時などに貼りますね。書き損じたはがきは郵便局の窓口へ行けば1枚5円の手数料で交換してもらえますが、郵便局へ出向けない時などに使えるので、いざという時のために1円や2円の切手を準備しておくと便利です。

小額の切手を並べて貼る位置には注意しましょう。縦書きなら郵便番号欄の反対側、左上角に縦方向に並べて貼ります。横書きのものなら右上角に横方向に並べて貼るというのが郵便のルールです。

慶事や弔事、シーンによって準備されている

封書に貼り付けるウメ柄の82円普通切手がありますが、「慶事用切手」というものが販売されています。はがきなら扇に梅、封書ようなら扇に竹や松の、見た目にもおめでたい切手を貼って差し出します。普通の封書に貼る切手ではなく、見ただけで慶事の知らせだとわかりますね。

弔事用は茄子紺のようなシックな色合いの花文様の切手が準備されています。喪中欠礼を差し出す時にも使用します。

毎年発行される特殊切手とは?

切手デザイナーがデザインするグリーティング用切手や、その年に行われるスポーツ競技大会などを記念したデザインの美しく珍しい切手が「特殊切手」です。

春に送りたいお祝いの手紙や転居通知などには「春」にちなんで発売されたグリーティング用切手を貼れば、先様に春の風まで届けられそうです。

古い建築物が好きな方には日本の建築物にちなんだ切手を貼っても楽しいでしょう。伝統工芸品や植物・浮世絵など、先様の趣味に合わせた切手をチョイスするとグッと評価も上がるかもしれませんね。

2003年から発行されているアニメのヒーロー・ヒロインが描かれた切手は「子ども向け」という気がするかもしれませんが、そうとも言い切れません。新旧のヒーローやヒロインを見ると、自分が子どもだった頃に憧れたりテレビにかじりついて見ていたものもあるかもしれません。同年代の友人に差し出す手紙に貼れば、昔話に花が咲くこともあるでしょう。

旅行先や先様の故郷に合わせた切手

1997年から発行されている「ふるさと切手」をご存知ですか?地方自治法施行60周年の各県シリーズや旅行の風景・ふるさとの祭など、美しく楽しい切手がたくさんあるのです。旅先から送る手紙にはぜひその土地の郵便局で「ふるさと切手」を見つけて貼って見てはいかがでしょうか。

出産や結婚のお知らせにはオリジナル切手を!

赤ちゃんが生まれたら、すぐにみんなにこの可愛らしさを知らせたい!と思いますよね。結婚のお知らせは結婚式に来ていただけなかった方へいち早く差し出したいもの。そんな時には好みの写真を使って「オリジナル切手」が作成できるのです。アイディア次第では「金婚式のお祝い」や「上場○周年記念」など、親戚に配ったりノベルティとしての用途も広がります。

切手の種類と選びかた:まとめ

切手は郵便物を運んでもらうための「運賃」だということはわかり切った事実です。しかし、それ以上に封書やはがきに貼り付けて先様へ送る「ちょっとした気持ち」を表すツールにもなるのです。

手紙の書き方  手紙の書き方