もう困らない!返信の正しい書き方:往復はがきや招待状が届いたら

結婚披露宴の招待状が届いたら、出席するのか欠席するのかを返信するようにはがきが同封されていますね。同窓会の案内状は往復はがきで届くこともあります。経験があるかもしれませんが、返信する場合には正しい書き方をしないと失礼にも当たりますがそれ以上に「恥ずかしい」思いをすることもあるのです。

敬称などをきちんと消すことが難しい

案外間違いやすくてよくわからないというのがこの「文字を消す」ということです。ここがしっかりできていないと恥ずかしい状況に陥りますし、知っているとちょっとだけ鼻高さんになれます。

消さなければいけない文字ってどんな文字?

まずは返信の宛先になる幹事さんの氏名の下にある「行」の文字ですね。これは100%消しているかと思われます。「行」を二重斜線で消したら下に「様」と書き添えましょう。

ここからが本題と言える「裏面」の消さなければいけない文字です。

「御住所」「御芳名」「御出席」「御欠席」

共通するのは「御」という文字です。「御」の文字には届けたい相手に対する敬意を表するという意味合いがあります。また氏名ではなく「芳名」と書かれている「芳」も消します。「芳」の文字にも敬意を表するという意味があるので、よくよく考えると「二重敬語」になっているのです。二重敬語は本来ならば「おかしな日本語」ということになりますが、「慣用句」のようなものとしてあえて触れられることがなくなっています。

返信する場合にはこの「敬意を表するための文字」を全て打ち消すことになります。

文字を消す時には「二重斜線」

例えば「行」「御」など1文字を消すからといって、間違っても黒く塗りつぶしたりバツ印を書いたりしないでください。文字を打ち消すには必ず「二重斜線」もしくは「二重線」を使用します。

豆知識として一つ、二重線以外の決し方をご紹介します。文字に自信がある方はぜひ、「御」や「御芳」を「寿(ことぶき)」の文字で消してみましょう。

返信に書き足さなければならないものとは

出欠の連絡が欲しい招待状の返信などは、必ず「御出席」「御欠席」と書いてありますね。出席であれば「御」を二重斜線で消し、「御欠席」を二重線で消します。そして「出席」を丸で囲むことを忘れてはいけません。

出席・欠席を丸で囲んだら次に書き足さなければならない言葉があります。結婚披露宴などであれば

「慶んで」「させて頂きます」と、カッコ内の言葉を「出席」の文字を挟んで書き添えます。もしも欠席であれば「残念ながら」「させていただきます」とやはり「欠席」の文字を挟むように書き加えます。

気の利いた返信にするには「メッセージ」を

出席・欠席に関わらず、返信の余白にメッセージを一言書き添えると良いでしょう。「当日を楽しみにしています」と書き添えるだけで、受け取った方はハッピーな気持ちになるものです。一方欠席の場合には理由を書くこともできますが、忌中などの場合は内容をダイレクトに書くことはは避けて「末長いお幸せをお祈りしています」のように書き添えると良いでしょう。忌中の場合も理由を明記するのは避けますが、他にも「忙しいので」なども書かない方がベターです。「やむを得ない事情により」と書くほうが賢明ですね。

メッセージを書く際の注意点として「句読点を打たない」ということを覚えておきましょう。句読点には「終止符を打つ」という意味合いがあるため縁起が悪いとされています。

復信や返信の正しい書き方:まとめ

敬称などの消し方ひとつを取っても、日本人は礼儀や上下関係を重んじる要素をたくさん秘めています。書き加えるメッセージにも相手を重んじる気持ちを忘れないようにしたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方