ビジネスレターの基本、書き方を大紹介!「御中」と「行」の使い方、使い分けってどうするの!?

tegami

ビジネスレターにおける宛名を書く際の必須のワードである「御中」と「行」。なかなかその違いを覚えられず、間違えたまま送ってしまったという経験をした人も多いはず。今回はその「御中」と「行」の意味と正しい使い方をご紹介したいと思います。

「御中」とは

「御中」とは、個人名ではなく「官庁、団体、会社」などの組織名の宛名の下に書き添える言葉です。その組織の中の特定の人宛てではなく「その中のどなたか」に出す場合に用います。要するに、「誰に宛ててよいのかわからないので、その中のどなたかに宛てます」という意味なのです。

「御中」の使い方

■ 宛先が「会社名」や「部署名」で終わる場合につける

宛先に個人名がなく、「会社名」や「部署名」のみで終わっている場合、または会社の中のどなた宛てに出せばわからない場合には「御中」をつけます。

例:〇〇株式会社 御中

■ 個人名がわかる時には「御中」を使わず代わりに「様」を書く

どなたに宛てればいいかわかっている場合は、会社名に御中はつけず、代わりに個人名の後に「様」をつけます。

例:〇〇株式会社 田中様

■ 御中と様を一緒に使わない

会社名の後にわざわざ「御中」を書く人がいます。会社名にいつでもつけるものではありません。御中と様を同時に使わないように注意しましょう。

よい例:〇〇株式会社 田中様

悪い例:〇〇株式会社御中 田中様

■「御中」とは敬称ではない

「御中」を組織名につける敬称と勘違いしている人が時々いますが、そうではありません。あくまでも「その組織の中のどなたかへ」という意味ですので、気をつけましょう。だからといって、会社名の後ろに「様」をつけるのは少しおかしいので、個人名がわかっている場合は何も書かないようにしましょう。

良い例:〇〇株式会社 田中様

悪い例:〇〇株式会社様 田中様

「行」とは

「行」とは自分が送る手紙に添付する返信用のはがきや封筒の宛名の下に書き添える言葉です。要するに、「自分宛の手紙」ですから自分に「様」という敬称を書くのはおかしいので、謙譲語である「行」という言葉を使います。逆に返信を出す場合は、「行」を敬称に書き換える必要があります。

「行」の使い方

■ 個人宛の場合

個人名宛てに手紙を返信する場合は「行」を「様」に書き換えます。「行」を二重線で訂正し、縦書きの手紙であればその左下に、横書きであれば後ろに「様」を書きます。

例:〇〇株式会社 田中啓介  様   (書式上、二重線が一本の取り消し線になっています)

■ 組織宛ての場合

会社や団体のような組織に宛てる場合は「行」を「様」ではなく「御中」に書き換えます。個人名の場合同様、「行」を二重線で訂正し、縦書きの手紙であればその左下に、横書きであれば後ろに「御中」を書きます。

例:〇〇株式会社 田中啓介  御中   (書式上、二重線が一本の取り消し線になっています)

まとめ

いかがでしたか?「御中」と「行」の意味とその使い方をおわかり頂けたでしょうか。「御中」は組織内の「どなたか」宛てであり、敬称ではないということを覚えていれば、使うときにあまり迷わなくなるのではないでしょうか。「行」もへりくだった語であるので、これを相手に返信するときは敬称に変えなければならない、という意味を知れば、自然と書き直せるようになると思います。手紙の基本である「相手を思いやる」を合言葉にその違いを覚えていきましょう。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です