一筆箋の書き方

お礼の手紙

一筆箋はちょっとした気持ちを伝えたい時など日常生活やビジネスなど様々な用途で使える手紙です。難しい言葉や形式にとらわれずに気軽に書くことができ、何か品物を人に贈る時にちょっとした気持ちをメモのように添える添え状として日常的に活躍します。

一筆箋とは

縦18㎝×横8㎝ほどの短冊型の便箋のことを一筆箋と言います。通常のB5サイズの便箋に比べると文字を書くスペースがかなり少なくなっているので、少ない言葉で相手に用件や気持ちを伝えます。
書き方に決まった形式はなく、「拝啓」「敬具」などの頭語と結語は書く必要がなく、普段使いの言葉で4~5行の短い手紙を書くことができます。
短い文面だけなので、ワープロなどは使わず手書きをするのが基本です。
便箋の絵柄も豊富にあるので、季節や用途に合わせた絵柄を選び、絵柄の上に文字がかからないように上手く空白をとり、より短い言葉で相手にメッセージとイメージを伝えることができます。
堅苦しい形式がなく気軽に書くことができる一筆箋は、
「〇〇さんへ
こんにちは、元気ですか?
美味しいお菓子をいただいたので、お裾分けしますね。
〇〇より」 など
話し言葉で書いても構いません。
手紙では最後に白紙の便箋を重ねて二枚にすることがありますが、一筆箋は一枚だけで送ります。

一筆箋の便箋は縦書き用のものが多く市販されていますが、横書き用のものや縦横兼用のものもあります。日ごろ使いなれているノートやメモ帳が横書きなので横書きの方が気軽に書けるという人は横書き用のものを使うと良いでしょう。思いついたときにすぐに書けるように自分好みの一筆箋を常備しておくと良いでしょう。

どのような用途に一筆箋を使うか

もっとも良く使う用途は品物を人に送る時の「添え状」です。
例えば、
・お礼の品の添え状として
・お土産を渡すとき
・借りていたものを返すとき
・月謝などお金に添えるとき
・ビジネスにおける見積書・請求書など書類発送のとき
など

一筆箋を添え状として使う場合は、封筒に入れる必要はありません。
品物の上に一筆箋をのせて梱包すれば良いとされています。
ビジネスで書類に一筆箋を添える場合は、クリップで書類の上に付けます。
封筒に一筆箋を入れる時は、祝儀袋などにお金と一緒に同封することもできます。

美しい一筆箋の書き方

短冊形の長細い一筆箋は余白を上手く使うと美しく手紙を書くことができます。あまり文字を敷き詰めないようにし、こまめに改行をしながら伝えたいことを簡潔に書くようにします。
絵柄に文字が重なると読みにくくなり、相手に雑な印象を与えてしまう恐れがあるので、文字を書く前に文章をどこで改行してどのように配置するか目安をつけてから書くようにしましょう。全体の文字数が少ない場合は書き出す位置を中央に寄せ、全体の文字数が多くなる場合は文章が長くなりすぎないようにまとめるようにします。

だれに宛てて使う?

形式にとらわれない一筆箋は誰でも気軽に書ける手紙です。
お世話になっている人へ、友人へ、家族や恩師へと自由に書くことができます。ビジネスでもメモや付箋代わりとしても使うことができます。
ほんの数行の言葉ではありますが、一筆箋を手書きでかくことから「そのひと手間」が相手に価値になって伝わっていきます。

手紙の書き方  手紙の書き方
by