便箋の折り方と封筒

便箋

便箋の用途

便箋には罫線があるものとないもの、縦書きのもの、横書きのもの、絵柄が入ったものや無地のものなど様々な種類があります。それぞれの適する用途をふまえて使い分けるようにしましょう。最も正式なものは白無地の便箋に縦書き、親しい人へのカジュアルなものやビジネス文書は横書きでも良いというのが基本です。

【罫線の有無の便箋】
・罫線がない便箋・・・・すべての用途むけ
・縦罫線の便箋・・・・・すべての用途むけ
・横罫線の便箋・・・・・親しい人へのカジュアルな用途むけ、ビジネス文書

【色・模様の有無の便箋】
・白無地の便箋・・・・・・・・・すべての用途むけ
・色つき・絵柄つきの便箋・・・・親しい人へのカジュアルな用途向け

また、通常の手紙では、手紙の文面が便箋一枚におさまる場合は、もう一枚白紙の便箋を重ねて二枚にするようにします。そうすることによって、本当はもっと手紙を書きたいという気持ちを白紙で表すとともに、文面が裏から透けて見えないようにすることができます。
但し、弔事の場合は「不幸が重ならないように」という意味を込めて、文章は便箋一枚におさめ、白紙の便箋は重ねないようにします。

封筒の選び方と書き方

封筒の開封口が短い辺の方にあるのが和封筒、開封口が長いほうにあるのが洋封筒です。基本的には和封筒を使うようにし、洋封筒は親しい人へのカジュアルな手紙や写真やカードをを送る時に使うようにします。
また、最も正式な手紙には封筒の内側にもう一枚薄紙がある二重の封筒を使います。けれど、弔事においては「不幸が重ならないように」という理由から一重の封筒を使うようにします。そして、弔事の手紙の封筒は封じ目を通常の手紙と逆にするのがマナーとなっているので通常の手紙の封筒を使う場合は郵便番号の枠が印刷されていないもを使うと良いでしょう。
封筒はのりで封をし、封じ目には「封」や「〆」と書くようにします。

筆記用具の選び方

手紙を書く時の筆記用具は黒インクの万年筆と白無地の便箋が最も正式なものです。そこまで正式な用途でないときは黒い水性ペンを使うようにし、油性のペンで書いたり鉛筆で書くのはマナー違反になるので使わないようにします。

便箋の折り方

文章を内側にして、和便箋は三つ折り、洋便箋は四つ折りにするときれいに収まります。封筒から便箋を取り出した時に上下をひっくりかえしたりすることなく自然と文章の書きだしが読めるように折るようにしましょう。
どのような封筒を使うかによって折り方が変わってきます。手紙は和封筒に入れるのが基本で、その封筒の横幅によって三つ折りか四つ折りにします。親しい人へ送るカジュアルな手紙は二つ折りにして洋封筒に入れます。

【三つ折りの方法】
長方形の便箋の下から上に三分の一折上げ、さらに上から下に折り重ねます。そして、手紙の頭語「拝啓」などの書き出しが封筒の開封口にくるように封筒に入れます。

【四つ折りの方法】
和封筒の横幅が狭くて三つ折りでは入らない場合には四つ折りにします。
まずは長方形の便箋を横に半分に折り上げ、さらに半分に折ります。
そして、手紙の頭語「拝啓」などの書き出しが封筒の開封口にくるように封筒に入れます。

【洋封筒に入れる縦書き便箋の折り方】
長方形の便箋を左から右に縦に半分に折り、さらに下から上に半分に折り重ねます。そして手紙の書き出しが左上になるように封筒に入れます。この時封筒の表側から見ると手紙の書き出しが右側にきます。

【洋封筒に入れる横書き便箋の折り方】
長方形の便箋を下から上に横に半分に折り上げ、さらに右から左に半分に折り重ねます。そして手紙の書き出しが左上になるように封筒に入れます。

手紙の書き方  手紙の書き方
by