全快お祝いの手紙の書き方

tegami

知人の全快

知人の全快祝いの手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では入院・闘病・平癒・快気・回復・療養・病後などがあります。文章例は次のようになります。ご病気全快の由、何より喜ばしく存じます。長いものでは次のようになります。ご主人様にはご病気もすっかり良くなられ、ご退院の日をお迎えになられましたとのこと、心からお喜び申し上げます。遠方のこととて、お見舞いにもあがれませず、陰ながらお案じ申し上げるばかりでございましたが、皆々様にはさぞかしご安心なされたことと存じます。それにしましても残暑厳しい昨今でございます。くれぐれもご無理なさいませんよう、何卒ご養生専一に念じ上げます。遅ればせながら別便にて心ばかりの品をご全快祝いのおしるしまでにお送り申し上げました。つれづれのお暇にご笑味願えますれば、幸いに存じます。まずはご全快のお祝いまで。といった感じになります。

友人の全快

友人の全快祝いの手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では全治・快気・吉報・気力・病状・災難・克服などがあります。文章例は次のようになります。君の退院の通知を受け取って、僕はなんだか急に自分の周囲が明るくなったような気がしました。長いものでは次のようになります。無事ご退院おめでとう!すっかりお元気になられたとのこと、心からお祝いいたします。実は先月お見舞いにあがった時、思ったより君の衰弱がひどく、手術後の経過も一進一退との看護師の話しからも、内心大いに心配していたのですが、今日の妹さんからの吉報ですっかり安心しました。こんなに早く退院できるとは、ご両親はじめご家族の皆様も、さぞかしお喜びのことでしょう。そのうちに遊びに行こうと思っていますが、くれぐれもご自愛ください。まずはご退院のお祝いまで。と言った感じになります。

恩師の全快

恩師の全快祝いの手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では本復・朗報・床上げ・肝心・体力・ご自愛などがあります。文章例は次のようになります。病気ご全快のお知らせをいただき、我がことのように嬉しくお祝い申し上げます。長いものでは次のようになります。梅雨晴れの空もすがすがしい季節となりました。承りますれば、先生にはこのたび無事ご退院なされました由、心からお喜び申し上げます。奥様はじめお子様方もさぞご安心なされたことと存じます。先生は日頃、人一倍お元気でいらっしゃいましただけに、ご入院の知らせを聞きました時は本当にびっくりいたしました。でも手術後はお医者様も驚かれる程の回復ぶりに私たちもホッと肩の荷がおりた気持ちでございました。夏休みに入りましたら、ぜひ一度ご機嫌お伺いかたがた寄らせていただきたく存じますが、とりあえずご退院のお祝いを申し上げて失礼させていただきます。といった感じになります。

知人の配偶者の全快

知人の全快祝いの手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、入院・快気・快方・肝要・養生・看護・静養などがあります。文章例は次のようになります。ご家族皆様の手厚いご看護はもとより、貴兄の粘り強いご看護が奥様のより早い快方につながったものと拝察いたします。長いものでは次のようになります。拝啓 その後ご無沙汰して居ります。どうも筆不精ででいけません。お許しください。ただ今は、奥様の全快の御通知をいただきました。とうとうお見舞いに上がる機会もなく失礼しているうちに御退院の御様子。本当に良かったとほっと致しました。あなたの旦那様としての御心労もさぞ大変だったことでしょう。また奥様も、いろいろ尊い試練を経て、思いの深いものがございましょう。どうか、病後は充分にお大事に御養生ください。といった丁寧な感じになります。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です