夏に書く「時候のあいさつ」:梅雨から暑さの盛りを迎える言葉

全ての生き物が活気付く5月からが二十四節気で言うところの「夏」とされています。5月6日ごろの「立夏」から夏が始まりますが、このころよく耳にするのは「八十八夜」ですね。八十八夜に積んだお茶を飲むと長生きすると言ういわれもあり、「八十八夜の別れ霜」と表現されるように霜もこのが最後とされています。ただ「八十八夜の泣き霜」とも言われ、遅霜によって被害が出る頃でもあります。この後から立秋までが「夏」です。

夏の香りが漂い始める5月の時候のあいさつ

草木が生い茂り山は緑に着替える5月。この時期の季語は「新緑」「薫風」「立夏」「万緑」「軽暑」などがあります。「若葉」「藤花」「牡丹」などもこの時期なくてはならないものです。

「青葉が鮮やかにしみる季節」
「風薫る5月」
「初夏の風が清々しいころとなり」

このような書き出しが適切でしょう。また生活の中では5月といえば「鯉のぼりが泳ぐ」や「田んぼのカエルも歌い始め」なども良いでしょう。田んぼに関わる言葉が使えるのは日本ならではですね。「たけのこ」がで始める時期にも当たりますし「母の日」「ゴールデンウィーク」なども生活に溶け込んだ季語となります。

梅雨を迎える6月に書きたい時候のあいさつ

6月6日の「芒種」は穀物の種まきをする時期です。温暖な気候の地域ではすでに種まきが終わっているころですね。6月21日ごろの「夏至」は一年で一番昼が長いとされていますが、6月も下旬になると梅雨入りも知らされているころです。

「入梅」「梅雨」「初夏」「向暑」「深緑」などが季語ですが「麦秋」と言う言葉の響きが特に美しいと感じますね。麦の穂の美しさはこの時期格別です。

花でいえば「あじさい」が美しく、この時期ならではの「清流の鮎」も意外と気づかない季節の言葉です。

「梅雨の長雨にあじさいの花が鮮やかに」
「梅雨明けの太陽が待ち遠しく」
「雨に新緑が青さを増し」

やはり雨にまつわる言葉が多く時候のあいさつとして使われますが、雨がやんだら「爽やかな初夏」と書きたいですね。また「父の日」も6月のイベントとして定着していますし「入梅」をあえて「梅雨入り」と書いてみるのも良いでしょう。

7月の時候のあいさつは「真夏」がキーワード

本格的な暑さを控え、梅雨も明け間近な7月7日は「小暑」です。夏休みが始まる頃の7月23日には「大暑」を迎え、空には入道雲が見え始める時期です。

「盛夏」「炎暑」「酷暑」「猛暑」「極暑」など、字を見ただけでも暑そう!と言うほどの季語が並びます。「梅雨明け」「蝉の声」などもこの時期です。

「三伏(さんぷく)」もこの時期の季語とも言える言葉です。三伏とは夏の一番暑い時期に当たります。夏至の後に来る3度目の庚の日を「初伏」とし、4度目の庚の日が「中伏」・「末伏」は立秋後初めてくる庚の日です。この3つの「伏」で三伏とされています。

「軒先の七夕飾りが美しく風に揺れ」
「蝉の声がひときわ盛大になり」
「青空高く入道雲がそびえ」

他にも見回せば「朝顔」や「風鈴」「海開き」なども季節のものですね。「お中元」はこの時期のキーワードになりますが、使い方を考えてみるのも面白いでしょう。

長雨から熱風を感じる夏の時候のあいさつ:まとめ

「梅雨」や「盛夏」など、体で感じることを文字で表現しましょう。季節のものを身の回りで探してみれば「花」「雲」だけではありません。例えば八百屋の店先に並ぶ夏野菜などをミックスして文字にしたためて、あなただけの「時候のあいさつ」をしたためましょう。

手紙の書き方  手紙の書き方