寒中・暑中見舞いの書き方:季節の手紙で思いやりの気持ちを届ける

日頃会うことが少ない遠方の知人や親族に、電話やメールではなく自筆でしたためた「手紙」を届けてみませんか?電話で「元気にしている?」と話をするのも良いのですが、季節を知らせるような絵柄のはがきや便箋を選ぶのも相手を思いやる気持ちがこもる作業です。届いた手紙を見て、きっと電話やメール以上に喜んでいただけるものになるでしょう。

寒中見舞いとは

二十四節気の「小寒」から「立春」までに差し出すものです。小寒は1月5日ごろ、立春は節分の翌日2月4日頃です。松の内が明けてから描くのがマナーです。喪中で年賀状を出せなかった場合や逆に喪中を知らずに年賀状を出してしまった場合にも「寒中見舞い」で知らせることができます。「年賀状をいただいたけど出し忘れていた!」という場合のお詫びにも使える便利な季節の手紙です。

大寒から立春の1年で一番寒い時期、相手の状況を気遣う・思いやるという側面もあるのです。

寒い時期ならではのはがきや便箋を選んでみる

純白の官製はがきがいけないわけではありませんが、なんとも寒々とした雰囲気があると思いませんか?こんな時期こそ暖かな色味やモチーフづかいのものを選んで送ると先様にも喜ばれるでしょう。

重量や厚みに制限がありますが、子どもさんに手作りのはがきを作ってもらうのも良いでしょう。毛糸を貼り付けて模様を描いたり、スパンコールで柄を作ったりと、作る作業を親子でしてみるととても楽しい時間が過ごせます。また手作りのはがきをおじいちゃんやおばあちゃんに送れば、子どもの成長を知らせる手段にもなりますし何よりも「孫の手作りはがき」なら嬉しいに決まっています。

立春を過ぎたら「余寒見舞い」

寒中見舞いの時期を2月末ごろまでならば「余寒見舞い」として手紙を出してみませんか?意外な時期に手紙が届くと嬉しさも増しますね。

暑い時期にもお見舞いの手紙を書きましょう

7月はじめの「小暑」から8月はじめの「立秋」までが「暑中見舞い」のシーズンです。梅雨明けを待ちながら暑中見舞いをしたためて、旧知の仲を温めましょう。またお中元をいただいた場合のお礼状の意味合いも兼ねることができる便利な手紙です。暑中見舞いでは日付を「〇〇年盛夏」と書くようにしましょう。

夏の贈り物のお礼の意味を込めるならば、時候のあいさつの後にお礼を述べます。もしも「他に書くことが浮かばない・・・」という場合には、お礼の後に「まずはお礼のみ」などと書いてみましょう。

一番暑い盛りなので、先様の体調やご家族のことなどにも心を馳せてしたためます。

「立秋」を過ぎて8月も終わりに近づくと「残暑見舞い」に変わります。8月も終わりに近い「処暑」までに差し出すようにすると良いでしょう。この場合も日付は「〇〇年晩夏」「〇〇年葉月」と描くようにします。

夏の盛りを過ぎたとはいえ、まだまだ暑さがのしかかるような日が続きます。頭語や結語が必要ないぶん本文を考える余裕も生まれます。こちらの近況報告や季節の話題などを詳しく書いてみましょう。

思いやりの気持ちを届ける季節の手紙:まとめ

暑さ寒さが厳しくなると自分自身も体が弱ったり何をするにも億劫になることが多くなるでしょう。そんな時こそ「あの人はどうしているかな?」と想いを馳せる時間もできるというものです。普段手紙など交わさない相手のことを思いながらしたためた文字を郵便で届けると、差し出す方にも受け取る側にも新しい発見があるかもしれません。

手紙の書き方  手紙の書き方