往復はがきの返信マナー「行」の消し方を紹介!

tegami

結婚式やパーティなどの招待状として、往復はがきが届くことがよくあります。しかしこの往復はがきの返信に毎回頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。なぜならこの小さなはがきの中には、私たちが一般常識として知っておくべきマナーがあふれているからです。それにもかかわらず、私たちの多くはこの往復はがきの返信マナーをあいまいに理解して「これでいいのかな?」と迷いながら返信しているのが実状です。今回はそのような方たちのために正しい往復はがきの返信マナーをご紹介したいと思います。自信を持って返信はがきを出せるようにしっかり学んで下さいね。

往復はがきの「行」の意味

往復はがきとは往信用と返信用のはがきを一緒にした郵便はがきのことです。この時、返信用はがきには返信してもらいたい宛先(自分の住所氏名)をあらかじめ書いておきます。その際、自分の名前の下に「様」をつけることは自身に対して敬語を使っていることになるので、この場合謙遜の表現である「行」を使います。名前に対して小さめな字で書き添えるのがマナーです。

「行」の消し方

往復はがきを受け取って返信はがきを出す場合、この「行」をそのままにして出すことは大変失礼にあたります。「行」を消して個人宛であれば「様」、団体や組織であれば「御中」に書き直すことがマナーです。消し方は二重線を使って消します。ただし縦書きの場合、縦の二重線は「行」の字と重なると消してあることが見づらいため、斜めの二重線で消すことが一般的です。横書きの場合は真横の二重線でかまいません。

「様」「御中」をどこに書くべきか

返信はがきの「行」を消したあと、「様」または「御中」をどこに書くべきか悩むところですね。実は決まった場所というものはないのですが、縦書きの場合、文字は右から左へ書いていくものですので、「行」の左下に書くと自然です。もちろん横や右下に書いてもマナー違反というわけではありませんが、書式的に無難なのは「左下」といえるでしょう。横書きの場合は消した「行」の右横に書きましょう。

二重線以外の「行」の消し方

「行」は縦書きのはがきの場合は「斜め二重線」、横書きのはがきの場合は「真横二重線」で消すのがマナーと先ほど述べましたが、二重線は文字を「切ったように」見えるので縁起が悪いと考える人もいます。ですから結婚式の招待状など、おめでたい席の返信はがきに使うことはふさわしくない場合もあります。もちろん二重線使っても構わないのですが、もし不安を感じる場合は「寿」という字を「行」の上から書くことをおすすめします。とても縁起の良い意味を持つ漢字ですし、「寿」の三本線が「行」の字を打ち消す役割をしてくれます。このようなおめでたい文字を使えば、細かいところにまで祝福の気持ちを表わしてくれる人だと一目おいてもらえるかもしれませんよ。ただし「寿」は画数が多いため、丁寧に書かないと、「ただ黒く塗りつぶしている」様に見えることがありますので注意しましょう。赤いペンを使って書けばわかりやすくていいですね。

まとめ

いかかでしたか?往復はがきの返信マナーである「行」の消し方、ご理解頂けましたでしょうか。一見複雑に思えますが「相手に対して敬意を表す」ことが基本ですので、受け取る相手の立場を考えれば自然と理解できるようになります。マナーと共に、細やかな心遣いにあふれた日本語の良さも同時に感じて頂ければと思います。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です