手紙における3月の結び

春の息吹を感じさせる

結びの言葉には、季節に関わりないものがありますが、その月ならではの季節を感じさせる表現もいろいろとあります。3月と言えば、寒さが緩み春の息吹が感じられる時期で、花や春の日和が印象的となります。3月を彩る言葉には、春に東または北東から吹く風を指す東風(こち)。春を告げ梅を開花させる風としても知られています。二十四節季の啓蟄で、土の中で冬眠していた哺乳類や昆虫類が穴を出て来る様子を表します。青々しい草原や冷たい雪解け水が流れる川など吹き渡る、清風。二十四節季の春分。女の子の幸福と成長を願う、桃の節句。これらを上手く盛り込んだ表現が3月の結びの言葉に使われます。結びの言葉次第で、しっくりとくる季節感が感じられる手紙になるわけです。それでは、この手紙における3月の結びについて説明していきます。

改まったビジネスの手紙の場合

「早春の息吹を感じる昨今、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます。」
「春暖快適の候、皆様のますますのご健勝を心よりお祈り申し上げます。」
「春の訪れと共に、貴社皆々様の上にも幸せが訪れますようお祈りいたしております。」
「春寒料峭のみぎり、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。」
「春の訪れと共に、○○様にも、より一層の幸せが訪れますようお祈り申し上げます。」
「浅春の時節柄、ご自愛専一にてご精励くださいますようお願い申し上げます。
「新天地での更なる飛躍を、心よりお祈り申し上げます。」
「寒暖定まらぬ時期、皆様ご自愛くださいますようお願い申し上げます。」
「春草萌えいずる好季節、貴社ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。」

堅苦しくないビジネスの手紙の場合

「浅春の折、何卒ご自愛下さい。」
「まだまだ朝晩は冷え込みますので、お体にはお気を付けください。」
「春とは名ばかりで、まだまだ寒さが続きます。ご油断なさらずお体を大切にしてください。」
「新しい環境で心機一転、皆様の幸福をお祈りいたします。」
「花冷えに風邪など召されませぬようご自愛下さい。」
「まだまだ寒さが残っております。お風邪など引きませんようお気をつけください。」
「純白のこぶしの花の咲く季節です。どうか皆様お元気でご活躍ください。」
「春の訪れが○○様のご成功の契機となりますよう、お祈りいたします。」

親しい人への手紙の場合

「日ごとに春の色が濃くなっております。近いうちにお会いしましょう。」
「桜の便りもすぐそこまで届いています。近いうちに遊びにいきます。」
「桜の便りが待ち遠しいこの頃、どうぞお健やかに。」
「桃の節句も過ぎすっかり春めいてきました。ご活躍を期待しています。」
「花冷えの頃は体調を崩しやすいものです、どうぞご自愛のほど。」
「新生活が、実り多きものとなりますよう願っています。」
「巣立ちの春に、心からのエールを送ります。」
「ひと雨ごとに寒さの緩む季節です。お体を大切に、ますますのご活躍を期待しています。」
「待ち遠しかった春がやってきました。今年もお花見のお誘い待っております。」

まとめ・春の情景で締めくくる

東風、啓蟄、清風、春分、桃の節句などの言葉を使うことで結びの挨拶に季節感が漂います。ビジネスの手紙や親しい人に宛てる手紙などには、この3月を彩る言葉を使ったそれぞれに相応しい結びの表現があることがわかります。改まったビジネスの手紙では、「春寒料峭のみぎり~」「寒暖定まらぬ時期~」などの言葉を盛り込み、「お祈り申し上げます」のような、より丁寧な表現にします。堅苦しくないビジネスの手紙では、「浅春の折~」「春とは名ばかりで~」などの言葉を盛り込み、「ご自愛ください」のような相手を気遣う柔らかい表現にします。親しい人への手紙では、「桜の便り~」「新生活~」などの言葉を用いて語りかけるように表現します。これらを明確に使い分けて3月の手紙を結びたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方