手紙における4月の結び

花が主役になりやすい

季節に関係なくいつでも使える結びの言葉がありますが、季節を感じさせるその月ならではの表現もいろいろとあります。4月と言えば、花が咲き、春が本格化する時期で、桜や藤などが印象的となります。4月を彩る言葉には、3月末から4月にかけ菜の花が咲く頃に降る、菜種梅雨。桜の花の季節、晴れていてもすぐに曇ってしまうこと指す、花曇。陽気が変わりやすく、花見をしていると思わぬ寒さになることを指す、花冷え。桜が咲く頃に降る、花の雨。二十四節季の清明。川に散った桜の花びらが浮かびながら吹き寄せられることを指す、花筏。二十四節季の穀雨。これらを上手く盛り込んだ表現が4月の結びの言葉に使われます。結びの言葉によって、時節に相応しい季節感が感じられる手紙になるわけです。それでは、この手紙における4月の結びについて説明していきます。

改まったビジネスの手紙の場合

「新たな環境でのさらなる貴社のご活躍を、心からお祈り申し上げております。」
「春爛漫の折、皆様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。」
「新天地にて○○様のさらなるご活躍を、心よりお祈り申し上げます。」
「天候不順の時節柄、ご自愛専一にて、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。」
「陽春のみぎり、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。」
「新年度のお忙しい折、ご多忙のことと存じますが、どうかご返事賜りたく存じます。」
「春陽麗和の好季節、貴社ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。」
「若草萌る好季節、皆様ますますのご健勝を心よりお祈り申し上げます。」
「新年度を迎えられ、何かとお忙しいことと存じますが、今後共ご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。」

堅苦しくないビジネスの手紙の場合

「うららかな好季節、皆様には輝かしい春をお迎えのことと存じます。」
「貴社、ますますご活躍されますことを、心よりお祈りしています。」
「色とりどりの花が咲き揃う季節です。貴社一層のご活躍のほどをお祈りいたします。」
「季節の変わり目です。どうかご自愛ください。」
「春雨に体を冷やしませぬよう、貴社皆様、健康にはくれぐれもご留意ください。」
「新しい環境での心機一転、皆様の幸福をお祈りいたします。」
「春の長雨の時期です。くれぐれもお健やかにお過ごしください。」
「花冷えの頃は体調を崩しやすいものです、どうぞご自愛ください。」
「花冷えに風邪など召されぬよう、どうぞお健やかにお過ごしください。」
「新しい環境が実り多きものになりますようお祈りいたします。」

親しい人への手紙の場合

「新しい環境には慣れましたか。お目にかかり、お話をうかがいたいです。」
「新任地での生活が、実り多きものとなりますよう願っています。」
「若葉が萌え始めました。パワーにあふれる日々でありますように。」
「行く春を惜しみつつ、ますますのご活躍を祈っています。」
「お互いに、うららかな季節を思う存分楽しみましょう。」
「花冷えの季節、体調を崩されませんよう願っています。」
「花冷えのする日もありますので、お体を大切に。」
「新たな環境は何かと大変でしょうが、無理せずお体を大切に。」
「連休まであとわずかです。気を引き締めて頑張りましょう。」

まとめ・春の情緒を漂わせる

菜種梅雨、花曇、花冷え、清明、花筏などの言葉を使うことで結びの挨拶に季節感が漂います。ビジネスの手紙や親しい人に宛てる手紙などには、この4月を彩る言葉を使ったそれぞれに相応しい結びの表現があることがわかります。改まったビジネスの手紙では、「春爛漫の折~」「陽春のみぎり、~」などの言葉を盛り込み、「お祈り申し上げます」のような、より丁寧な表現にします。堅苦しくないビジネスの手紙では、「うららかな好季節~」「花冷えの頃~」などの言葉を盛り込み、「ご自愛ください」のような相手を気遣う柔らかい表現にします。親しい人への手紙では、「新しい環境~」「連休まで後わずか~」などの言葉を用いて語りかけるように表現します。これらを適宜使い分けて結び、情緒ある4月の手紙にしたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方