手紙に季節感をもたらす季語

季語は旧暦に対応している

手紙を手にした時、季節感を感じられると、それだけで心が和むのではないでしょうか。手紙の冒頭では、季節を表す言葉とされる時候の挨拶を用います。これは日常会話で、暑くなりましたね、というような感覚で、天気や気候、季節の移り変わりなどを表わす言葉を書き添えるものです。俳句で季節を表わす言葉の季語と同様に、手紙でも時候の挨拶として、ある程度型が決まった言葉があります。この季語は、旧暦に基づいているので、季節の区切り方が若干現代と違っています。例を挙げますと、2月が最も寒い季節なので、2月の手紙に「厳寒」「酷寒」を使いたくなるのですが、暦の上では、大寒が1月なので、季語としては、1月に「厳寒」「酷寒」を使います。これらのことを的確に使い分けられれば、人となりが高く評価されることは間違いありません。それでは、この手紙に季節感をもたらす季語について説明していきます。

1月から3月の季語

1月の季語には、次のようなものが挙げれます。新春の候、新春の候、酷寒の候、厳寒の候、厳冬の候、寒風の候、寒冷の候、大寒の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。
2月の季語では、厳寒の候、余寒の候、立春の候、残寒の候、残雪の候、残冬の候、晩冬の候、向春の候、春寒の候、梅花の候、軽暖の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。
3月の季語では、早春の候、軽暖の候、浅春の候、春暖の候、春分の候、陽春の候、春色の候、弥生の候、萌芽の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。

4月から6月の季語

4月の季語には、次のようなものが挙げれます。花冷え候、桜花の候、桜花爛漫の候、春爛漫の候、春陽の候、仲春の候、春暖の候、春粧の候、春日の候、麗春の候、軽暖の候、晩春の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。
5月の季語では、残春の候、惜春の候、暮春の候、葉桜の候、青葉の候、若葉の候、新緑の候、万葉の候、緑樹の候、立夏の候、軽暑の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。
6月の季語では、上旬の場合、麦秋の候、入梅の候、薄暑の候、中旬の場合、梅雨の候、長雨の候、下旬の場合、初夏の候、向暑の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。

7月から9月の季語

7月の季語には、次のようなものが挙げれます。梅雨明けの候、向暑の候、仲夏の候、盛夏の候、炎暑の候、酷暑の候、猛暑の候、大暑の候、極暑の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。
8月の季語では、残暑の候、季夏の候、避暑の候、残炎の候、納涼の候、暮夏の候、晩夏の候、立秋の候、秋暑の候、向秋の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。
9月の季語では、初秋の候、白露の候、新秋の候、新涼の候、秋冷の候、孟秋の候、爽秋の候、涼風の候、秋晴の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。

10月から12月の季語

10月の季語には、次のようなものが挙げれます。爽秋の候、清秋の候、秋麗の候、秋涼の候、仲秋の候、錦秋の候、秋雨の候、夜長の候、秋霜の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。
11月の季語では、晩秋の候、深秋の候、暮秋の候、霜秋の候、向寒の候、冷雨の候、霜寒の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。
12月の季語では、初冬の候、初雪の候、霜寒の候、寒気の候、師走の候、歳末の候、歳晩の候などがあり、いずれも、~のみぎりとすることもあります。

まとめ・時に手紙の内容までも引き立てる

近年、多少季節感が乱れているものの、四季がハッキリとしている日本だからこそ、日本独特の季節感覚が手紙にも反映されています。この手紙には、季語と言う俳句同様に季節を表す定型の言葉があることがわかります。季語は、旧暦に対応しているので、現在の月とは、若干違っている面もあるようです。それでも、春夏秋冬の四季折々の風情が読み取れる言葉ばかりと言えます。暦の上での立春、立夏、立秋、立冬などの節目に注意して、使う言葉も中にはあります。季語によっては、手紙の内容をより引き立たせることにもなります。各季節に応じた季語を明確に理解して、上手に手紙に活用したいものです。

 

手紙の書き方  手紙の書き方