手紙のマナーは難しい?添え紙や二重封筒に見る日本の手紙心得

送り状

手紙道具の陳列を見ていると、一重の封筒と二重の封筒があることに気づきませんか?使用する用途を選ばなくて良さそうな定形の「白封筒」でも一重と二重が必ず用意されています。また便箋1枚に手紙が治ったら「添え紙」をして2枚にして差し出すというマナーも存在します。

一重と二重・1枚と2枚。どちらでも良さそうなのにそうではなく、れっきとした理由が存在する日本の手紙のマナーを考えて見ます。

封筒の一重と二重、使い分けるその理由とは

封筒は一重よりも二重の方がより中に入れられている手紙が厳重に封印されているということをイメージできます。確かにこれは使い分けの大きな理由の一つになっていると言えます。

儀礼的な意味のある手紙や目上の方へ差し出す手紙は二重封筒に入れて送ることが正式とされています。一重の封筒では「中に書いてある文字が透けて見えるのでは?」と思ったことがありませんか?正式なものほど二重の封筒を使うということで解釈して良いですね。

そのような理由であれば一重の封筒の存在自体「必要ないもの」のような気がしてきませんか?中身を厳重に守って先様へ届けるのであれば、実際書いた便箋は全て大切なものなので二重の封筒に入れれば良さそうなものです。

一重の封筒こそがマナーの原点だった

あえて一重の封筒を選ぶシーンは「弔事」です。悲しみやお見舞いの気持ちを伝える手紙は全て一重の封筒を使うこととされています。これは日本人ならではの心遣いや言葉に関わるマナーなのです。

お悔やみやお見舞いなどは決して幸せなものではありません。いわゆる不幸にあたるため、「不幸せなことがらが二重に重ならないように」という気持ちを込めてあえて一重の封筒で差し出すとされているのです。二重の封筒を避けると同時に「重ね重ね」などの忌み言葉も使ってはいけません。

便箋の枚数にも深い理由がある

封筒と同じように、弔事の手紙は便箋1枚に必ず収まるように書くことがマナーです。不幸が重なるイメージを避けるためです。

手紙が便箋1枚に収まってしまったら「添え紙」と言って、何も書いていない便箋をあえて1枚重ねて2枚にして差し出すというマナーもあります。「正直面倒では?」と思うかもしれませんが深い理由があるのです。

「果たし状」や「三行半(みくだりはん)」を知っていますか?どちらも良いことに関する手紙ではなく、かつてはそれらの書状は1枚の紙に書かれたものでした。このため1枚だけの手紙は縁起の悪さを持ち合わせているため、先様に対し失礼になるという理由から添え紙をしましょうというルールができたのです。

他には1枚では文字が裏側に透けて見えるからというものもあるようですが、これは封筒で回避できる理由ですね・・・

紙がとても貴重だった昔は、返信が欲しくても相手の紙代を気にして1枚余分に送っていたという本当か嘘かわからないようないわれもあります。

一番有力な理由は「果たし状」が1枚の紙であったため縁起の悪さと無礼を避けるために添え紙をする、ということのようです。

添え紙や二重封筒に見る日本の手紙のマナー:まとめ

今の世の中ならば「二でも一でもどっちでもいい」と言われそうですが、せめて手紙を書くときぐらいは日本人の美しい心を思い出したいものです。誰に対しても敬意を払い礼儀を重んじる、そんな心を忘れないためにも手紙のマナーを知ることは大切です。

手紙の書き方  手紙の書き方