お礼状を書くなら知っておきたいお礼状の書き方!マナーを紹介!

tegami

私たちは日常生活において、入学や就職のお祝いや、お中元やお歳暮の贈り物、入院中のお見舞いなど、さまざまな場面で周りの方々からの心遣いの品を頂いています。親しい相手であれば、電話やメールでのお礼でも構いませんが、目上の方などにはきちんと手紙でのお礼状を出すのがマナーです。しかし、手紙を書くことに慣れていない人にとってはなかなかペンが進まないのが現状ですよね。そこで今回は「お礼状」の書き方のマナーとその例文をご紹介します。ぜひ学んで手紙で感謝の気持ちを伝えてみましょう。

お礼状を出す時期

お礼状は何か贈り物などを頂くなど「厚意」を受けたらすぐに書き始めるのがマナーです。遅くとも2~3日以内には書き始めましょう。日にちが経つほど相手に対して失礼になってしまいます。

お礼状の内容

■ 挨拶

まずは通常の手紙と同様、時候の挨拶を述べたあと、相手の近況を伺いましょう。そのあとに自分の近況も述べるといいですね。

■ 頂いた厚意(贈り物など)に対するお礼

頂き物などに対するお礼を述べます。ここで重要なのは「具体的な感想」を述べることです。相手からの厚意がどのように嬉しかったのか、またはどのように役立つものなのか、などくわしく説明しましょう。厚意に対する感想が相手が最も気になることなので、具体的に感謝の気持ちを述べることが大事です。

■ 結びの言葉

最後に相手の健康や活躍を祈りながら、手紙を締めくくる「結びの言葉」を述べます。その時期の季節や天候などを交えて述べるとよいですね。その際、末尾に取り急ぎお礼を申し上げたい、という気持ちも添えると感謝の気持ちがさらに強調され、お礼状としての形がグッと引き締まります。

はがきと封書、どちらにするべき?

本来はがきとは「メモ書き」ですので、お礼状をはがきを出すのは失礼にあたります。きちんと封書にて出すのがマナーです。しかし、ビジネスシーンなどでは一度に何通も出す場合も多く、そのような場合ははがきでもOKとされています。また現在はメールなどオンラインによる情報伝達が主流になりつつあり、そのような中でのはがきのお礼状は、丁寧とされる向きもあります。いずれにせよ、本来は封書で出すのがマナーですので、はがきで出す場合は末尾に「はがきで失礼します」という言葉をつければ問題ないでしょう。

お礼状の例文

それでは上記のポイントを参考にして、お礼状の例文をご紹介したいと思います。テーマは「入院のお見舞いに着て頂いた方へのお礼状」です。

「拝啓 風薫る5月がやってまいりました。〇〇様におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。平素より大変お世話になり、誠にありがとうございます。

さて、先日はお忙しい中、わざわざお見舞いにお越し頂き誠にありがとうございました。その際〇〇様より頂いた釣りの本を読むことが、退屈な入院生活の中での唯一の楽しみになっております。何度も読み返しては、退院した後に行きたい釣りスポットの品定めをしている毎日です。ぜひ退院した後には一緒に参りましょう。

幸い、担当の先生からもあと二週間ほどで退院できるとのお言葉を頂きました。退院後もしばらくの間は自宅療養に努める所存ですが、来月からは会社にも復帰できそうです。〇〇様をはじめ、会社の皆さまには今しばらくご迷惑をおかけいたしますが、ご容赦下さいますよう皆さまにもどうぞお伝えくださいませ。

さわやかな季節とは言え、まだまだ肌寒い日も続きます。風邪などひかれぬよう、どうぞご自愛下さい。まずは心温まるお見舞いの御礼まで。       敬具」

まとめ

いかかでしたか?お礼状で一番大事なことは、相手に対する感謝の気持ちをしっかり述べることです。それを念頭において、マナーに沿って書いてみて下さいね。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です