手紙の封筒の書き方

封筒に送り主の見識が垣間見れる

手紙を手にした際、真っ先に目が行くのが封筒の宛名書きと言えますが、なかなか思うように書けないものでもあります。手紙を書く時、時候の挨拶などの文面に神経を注いでも、封筒のことまで考えていることは、意外に少ないのではないでしょうか。普段あまり手紙を書いていないと、封筒を目にした時、どこをどう書いたら良いのか迷うはずです。封筒も形や大きさなどのいろいろな種類があり、文字の大きさのバランスや書き出す位置なども気になる所です。また、しっかりとルールに則ったきれいな宛名書きなどを見ると、送り主の見識の高さを感じることになります。封筒一つでも疎かにできないようです。それでは、この手紙の封筒の書き方について説明していきます。

和封筒の書き方

・表書き(郵便番号枠あり)
住所は1~2行で、封筒の右側1/3程度のスペースに書きます。縦書きで数字を書く際は漢数字を使います。目上の相手や改まった内容の場合は、ビル名やマンション名も略さずに書きます。宛名は中央の郵便番号の枠から一文字下げたところから書き始めます。封筒の中央に住所よりも大きめの文字で書きます。名前を一番大きく書きますが、少しだけ「様」の方を大きく書くと全体のバランスが整います。同居や下宿の場合は、別行にして、若干右上に名前より小さく「○○様方」と書きます。社名は(株)(有)などと省略しません。役職名がわかる場合、「課長 ○○○○様」とします。宛名を社名や団体にする場合の敬称は、「御中」となります。切手は左上に貼ります。

・郵便番号枠なしの場合
住所は書いた郵便番号の右端に揃え、上から一文字下げたところから書き始めます。その他は、郵便番号枠ありの場合と同様です。

・裏書き
封筒の中心から右側に住所を書き、左側に差出人の氏名を書きます。日付を書く際は、封筒の左上に書きます。封じ目には「〆」「封」「緘」と書きます。祝い事の手紙では「寿」「賀」とする場合もあります。

洋封筒を縦書きにする場合

・表書き(郵便番号枠あり)
改まった手紙や不祝儀の手紙は、洋封筒を縦書きにします。書き方は和封筒とほぼ同様です。住所の書き始めは、上端、右端共に1~2文字分あけます。2行になる際は、2行目を1~2字下げます。氏名は、各字間を1/2の1字ほどあけ、封筒の中央に書きます。また郵便番号枠のないものは、横書きに向いています。

・裏書き
開封口が右側にくるように置き、差出人の住所・氏名は左側に書きます。不祝儀の場合、開封口が左側にくるように置き、差出人の住所、氏名は右側に書きます。封じ目には「〆」「封」「緘」と書きます。祝い事の手紙では「寿」「賀」とすることもあります。不祝儀の際は、封じ目を逆にするので郵便番号枠が無い洋封筒が適し、縦書きにします。

洋封筒を横書きにする場合

・表書き(郵便番号枠あり)
横書きにする場合、郵便番号枠が右下にくるように置きます。住所は封筒の上半分1/3程度のスペースに書き、数字は算用数字を用います。住所は、左端から2文字分程度空けて書き始めます。宛名は、住所よりも大きめの文字で中央に書きます。切手は右上に貼ります。また郵便番号枠なしの場合もほぼ同様です。

・裏書き
住所や差出人名は、中央下の三角の部分で、郵便番号の左端に揃えて書き納めます。日付を書く際は、住所の左上付近に書きます。横書きの場合は、「〆」「封」などの封字は書かなくても良いとされます。封かん日を入れる際は左側に書きます。

まとめ・種類に応じて書き分ける

手紙を手にした際に目に付くのが宛名書きです。封筒にはいろいろな種類があり、それを縦書きにするか横書きにするかでも、書き方にはルールがあることがわかります。和封筒の表書きでは、住所は1~2行で収め、封筒の右側1/3程度の部分に書き、縦書きの際は漢数字を用いるなどがあります。裏書きでは封筒の中心の右側に住所を書き、左側に差出人の氏名を書くことになっています。洋封筒では、縦書きは和封筒と同様ですが、横書きの場合、郵便番号枠が右下にくるように置き、住所は封筒の上半分1/3程度の部分に書き、数字は算用数字などを用います。裏書で住所や差出人名は、中央下の三角の部分で、郵便番号の左端に揃えて書きます。これらのことを知れば、どんな封筒でも対応できるはずです。

手紙の書き方  手紙の書き方