手紙の書き出しの基本

書き出し次第で信頼度が増す

長い間、人々に親しまれてきた手紙は、相手に気持ちや用件を伝える手段の一つです。電話やメールでは、いきなり用件を切り出しても、それほど問題はないのですが、手紙は、そうはいかないことが多くなります。手紙の基本的なマナーがあるので、それに則っているいることが大切です。その中で、手紙の書き出しも重要な意味を持ちます。書き出しが、不自然だったり、内容にそぐわないものだと、手紙そのものの信頼度や誠実さなどが揺らぐことになります。ビジネスの手紙に相応しい書き出しや、季節に応じた書き出しなどがあり、それらを的確に選択して書けば、手紙一つで、その人やその組織の評価が、高まるはずです。それでは、この手紙の書き出しについて説明していきます。

頭語について

・一般的な手紙の場合
頭語を「拝啓」で始めると、結語「敬具」「敬白」となります。

・前文を省略する場合
頭語を「前略」で始め「草々」で終えます。

・丁寧な手紙の場合
頭語を「謹啓」で始めると「謹言」「謹白」「謹上頓首」で終えます。

・敬意を表す手紙の場合
頭語を「粛啓」や「恭啓」で始めると「頓首」「再拝」「頓首再拝」「九拝」で終えます。

・急用の場合
頭語を「急啓」で始めると「草々」で終えます。

・返事の場合
頭語を「拝復」で始めると「草々」「敬具」で終えます。

・再信の場合
頭語を「再啓」で始めると「草々」「敬具」で終えます。

・充分に意を尽くせなかった場合
頭語を「冠省」で始めると「不一」「不尽」「不乙」「不悉」「不備」で終えます。

・この他の組み合わせの場合
頭語を「急啓」で始めると「不尽」で終えます。
頭語を書かずに結語のみの場合などがあります。

・ビジネスなどで使える書き出しの例

「拝啓 皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。~」
「拝呈 貴殿ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。~」
「啓上 貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。~」
「謹啓 貴社いよいよご隆盛の由、大慶に存じます。~」
「謹白 時下ますますご盛栄の段、慶賀の至りに存じます。~」
「平素格別のご厚情を賜り、暑くお礼申し上げます。~」
「平素より何かとご配慮をいただき、ありがたくお礼申し上げます。~」
「毎々特段のご高配を賜り、深く感謝申し上げます。~」
「毎々のお引き立て、感謝の至りに存じます。~」
「常々ひとかたならぬご高配を賜り、深く感謝申し上げます。~」
「日頃は弊社に対し、格別のご厚情を賜り、心より感謝申し上げます。~」
「旧年中は格別のご高配をいただき、ありがとうございました。~」

前文について

前文には、季節や天候に対応した心情や季節感を表す「時候の挨拶文」を用います。しかし場合によっては、時候の挨拶文を省いて、相手の安否を尋ねる挨拶文とすることもあります。

・季節を問わない書き出しの例
「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。~」
「皆様におかれましては益々のご清祥のこととお慶び申し上げます。~」
「○○様には、ますますご健勝にてご活躍のことと存じます。~」
「すっかりご無沙汰いたしまして、申し訳ありません。~」
「いつでも活力に満ちた○○様、その後もお元気でご活躍のことと存じます。~」

・自分の現況を知らせる書き出しの例
「おかげさまで、私共も一同無事に暮らしております。~」

まとめ・書き出しのパターンを把握する

手紙では、書き出しが重要な要素になります。ここが手紙のルールに則っていないと、誠実さや気持ちなどが伝わらないことになります。手紙の書き出しには、頭語というものがあり、必ずこの頭語に対応した結語があることがわかります。頭語を書かずに結語のみの場合もあります。一つの頭語に対して複数の結語があるのですが、特に明確な使い分けはないようです。前文では、時候の挨拶文を書くのが、基本ですが、相手の安否などを尋ねる場合、時候の挨拶を省くことがあります。また季節を問わない書き出しもあり、これもいくつかのパターンがあり、使い分けができます。これらの書き出しの使い分けなどをしっかりと把握して手紙を書きたいものです。

 

手紙の書き方  手紙の書き方