手紙の書き方のお礼状について

謝意を具体的に伝える

贈り物や祝い事などのお礼の気持ちを表すのに、最適なのものは、お礼状ではないでしょうか。これはメールや電話では謝意が伝わり難く、代用が利かなものになります。このお礼状は、送る時期が大切で、贈り物やお祝いを受けたら、なるべくその日か、遅くとも2~3日以内に書くのが基本です。どうしても遅れてしまった場合は、お詫びの言葉を添えて、必ず送ることがマナーになります。文面の上手下手はあまり気にせず、簡潔で率直に感謝の気持ちを表します。文例や形式に沿った書き方は参考にしても、お礼の内容を自分なりの言葉で具体的に書くことが大切です。またお礼状に他の用件も書き加えることは相手に失礼にあたります。それでは、このお礼状について説明していきます。

お中元やお歳暮のお礼

・お中元
定型句例
「このたびは、ご丁重なお中元のご配慮を賜り、誠にありがとうございました。」
「早速、○○を満喫させていただきました。」

文面構成、
前文の挨拶
お中元の品に対するお礼
相手の心遣いと
相手の助力に対するお礼
末文の挨拶
後付け

・お歳暮
定型句例
「年末のご多忙中にこの上ないお心配りを賜り、大変恐縮に存じます。」
「この一年間、並々ならぬお力添えをいただきました上に、このようなご配慮まで賜り、心から深く感謝しております。」

文面構成、
前文の挨拶
お歳暮の品と相手の心遣いに対するお礼
来年に願う言葉
末文の挨拶
後付け

贈り物のお礼

定型句例
「このたびは、お心尽くしの品をお贈りいただき、ありがとうございました。」
「身に余るご配慮を賜り~」
「過分なお心づかいをいただき~」
「温かいご配慮をいたたぎ~」
「こちらこそいつもお世話になっておりますのに、このようなお心配りをしていただき、大変恐縮しております。」
「あなたのおかげで、この上ない贅沢をさせていただいております。本当にありがとう。」

文面構成
呼びかけの言葉
宅配便などを受領した通知
贈り物に感謝して、喜びを伝える言葉
相手の配慮に対する素直な思いなど
末文の挨拶
後付け

お祝いのお礼

定型句例
「このたびは、ご丁重なお祝いを賜りまして、誠にありがとうございました。」
「何よりの品を頂戴し、本当にありがとうございました。」
「頂戴したお言葉を肝に銘じて精一杯努力して着実に前に進む所存でございます」
「皆様からの親身なご声援に応えられるように、目標に向かって邁進していきますので、よろしくお願いいたします。」
「先日は、誠に結構なお祝いの品をお贈りいただき、ありがとうございました。」

文面構成
呼びかけの言葉
相手の心遣いに対するお礼
今後の決意や抱負、指導などを願う言葉
末文の挨拶
後付け

まとめ・謝意を伝え手早く出す

お世話になった時のお礼、頼み事をした時のお礼など、お礼状には、いろいろなタイプがありますが、いずれも、感謝の気持ちを主としていることがわかります。礼儀正しい文面を心がけ、心からの感謝の気持ちを伝えるようにします。何か他の用件のついでと、とられないように、お礼状には、他の用件は書かないのがマナーです。お礼状は、送るタイミングが大切で、なるべく早く出すことが重要とされています。どうしても遅くなった場合でも、お詫びの言葉を添えて必ず出すのがルールです。お礼状は、ハガキにすれば細かいルールが少ないため気軽に書けます。短い文章にしてお礼の気持ちだけを伝えることもできます。お礼状を出す際は、マナーなどに注意して手早く送りたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方