敬語の基本

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三つがあります。手紙を送る相手が自分にとって目上なのかどうかによって使い分けます。目上とは地位や家族関係、年齢などの関係上自分より上に位置する人のことを言い、正式な手紙を書くときには特に敬語を正しく使う必要があるので、その定義をしっかり把握しておきましょう。
尊敬語は目上の人を敬う言葉
謙譲語は自分がへりくだり、相手を立てる言葉
丁寧語は語尾につける「です」「ます」のこと
使い分けができないと丁寧にしようとするあまり二重敬語になってしまい、相手に不快感を与えることもあるので気を付けましょう。

よくある間違い例

日常生活でなんとなく使ってしまっている敬語の間違った用法として、
「お聞きになられましたか?」というのがあります。
これは、「お聞き」の「お」と「られる」が二重敬語になってしまっています。正しくは「聞かれましたか?」となります。

おをつけると丁寧になる?

言葉の前に「お」を付けることで、文章が上品になります。特に女性は丁寧語として「お」をつけることで表現を美しくしようとすることが多いですが、その用法を過剰に使うとキザになったりして可笑しくなってしまいます。適切な使い方をし、品のある文章にするように心がけましょう。

基本的に、「お」は相手にかかる言葉につけるようにします。例えば「運動がお好きだと先日おっしゃいましたが」という表現の「お好きだ」は「先生が運動するのが好きだ」という意味なので、「お」の正しい用法例です。このように相手の状態を表す言葉の前に「お」をつけることで敬意を表します。
では、「お見苦しい格好ですが」や「お恥ずかしい話ですが」とういう表現の「お」は「私が見苦しい格好をしている」「私がやってしまった恥ずかしい話」という意味で、自分の状態を表す言葉の前に「お」がついています。これは相手が自分のことを見た時に感じるであろう気持ちなどの言葉の前に「お」をつけることで丁寧な表現にしているので、「お」の正しい用法です。

おをつける言葉

手紙でよく使う「お」の用例を挙げておきましょう。
・お考え      ・お名前     ・お知らせ
・おしかり     ・お教え     ・お気持ち
・お話       ・お心遣い    ・お世話
・お時間      ・お元気     ・お加減
・お電話      ・お勉強     ・お返事
・お約束      ・お返事     ・お洋服
・お料理      ・お品物

相手方と自分の呼び方

手紙で自分のことは「私」と書くのが基本です。
複数であれば「私ども」、男性であれば「小生」や「僕」、ビジネスでは「当方」を使うこともあります。
そして、相手のことは「〇〇様(さん)」と名前を書くか「あなた」とするのが」基本です。ビジネスでは「貴方」を使うこともあります。

よく使う敬語(尊敬語→謙譲語→丁寧語)

手紙を書く相手とどのような関係であるかによって尊敬語と謙譲語を使い分けるようにしましょう。上下関係がある場合、下から上に向かって書く手紙には尊敬語や謙譲語を使いますが、上から下に向かって書く手紙には尊敬語は使わないように注意しましょう。

なさる、される → させていただく →いたします
おっしゃる → 申し上げる → 申し上げます
いらっしゃる → うかがう → 参ります
おいでになる → 参る → 来ます
ご存知 → 存じる、承知する → 知っています
召し上がる → いただく、頂戴する → 食べます
いらっしゃる → おる → います
ご覧になる → 拝見する → 見ます
お聞きになる → 拝聴する → 聞きます
おかけになる → お座りする → 座ります
お会いになる → お目にかかる → 会います
お伝えになる → 申し伝える → 伝えます
理解いただく → かしこままる、承知する → 分かりました
お読みになる  → 拝読する → 読みます

手紙の書き方  手紙の書き方
by