新年会や忘年会や送別会に招待するには!?手紙を使って招待しよう!案内状の書き方を紹介!

tegami

酒宴に招く

酒宴に招く案内状の類語と文章例を挙げてみます。類語では、粗宴・月見・カクテルパーティー・花見・宴会などがあります。文章例は次のようになります。去年の楽しかった思い出が忘れられず。ご一泊なさる予定でぜひ。長いものでは次のようになります。だいぶ秋も深まってきましたが、その後お元気ですか。お互いに忙しくてなかなか会えないのが残念です。ところで、先日、○○君と偶然新宿で会い、東京にいる仲間のことがいろいろと話題になり、みんなともしばらく会っていないので、これを機会に一度在京のメンバー五人だけで会おうじゃないかということになり、君にも連絡した次第です。久しぶりに仲間が顔を合わせ、近況を語り合いながら、安い費用で大いに飲みかつ食おうという趣向です。会場は狭いけれども小生の家を提供することにしました。第三日曜日の午後三時ごろまでに来てくれませんか。夜までゆっくり飲みましょう。といった感じになります。

新年会に招く

新年会に招く案内状の類語と文章例を挙げてみます。類語では、新春・迎春・親睦・年頭・新年・正月料理などがあります。文章例は次のようになります。新しい年の祝福と計画のため、いつもの方々にご来宅を願って、年賀の催しを致したく存じます。同窓生新年会の案内の場合は次のようになります。拝啓 本年も余日少なくなり、何かとご多忙のことと拝察いたします。さて、去る十二月八日の同窓会世話人会におきまして、平成○○年度の新年会を左記の通り開くことに決まりましたので、ここにご案内申し上げます。明くる年は、私どもが学窓を巣立ってより二十年になります。過ぎし時の流れの思い出など語り合い親睦を深めたいと存じます。万障お繰り合わせの上、ぜひご出席くださるようお願い申しあげます。記 日時・場所・会費。なお、準備の都合上、二十五日までにご出席の有無をお知らせください。といった感じになります。

忘年会に招く

忘年会に招く案内状の類語と文章例を挙げてみます。類語では、歳末・年の瀬・師走・年忘れ・大晦日などがあります。文章例は次のようになります。多事多忙の一年を送るにあたり、忘年会を催して賑やかに語り合いたいと思います。在京同窓生の忘年会を催したいと思い、私がプランを作りましたので、よろしくご参集ください。商店会忘年会の案内の場合は次のようになります。年の瀬も押し詰まり、何かとお忙しいことと存じます。さて、来る二十四日木曜日午後五時から、○○町商店会の忘年会を開きたいと思います。一年を振り返り、新しい年への希望を語り合いたく、ぜひお繰り合わせの上ご出席ください。場所 ○○駅前 喜楽亭 会費 二千円。会費は当日ご持参ください。といった感じになります。

送別会に招く

送別会に招く案内状の類語と文章例を挙げてみます。類語では、転勤・赴任・栄転・惜別・門出・壮行・激励などがあります。文章例は次のようになります。○○君の前途を祝い、激励するために同期の友人たちで送別会を開きます。送別をかねて、声援を送る会を催したく存じます。長いものでは次のようになります。急啓 このたび東京銀行勤務の○○茂君がニューヨーク支店に赴任と決まり、来る二十五日に出発します。短くても二、三年は在米の勤務が続くものと考えられます。ついては、同君の前途を祝い、今後の活躍を願う意味で、二十二日土曜日午後二時から、高輪プリンスホテル地階レストランで同君の送別会を催すことになりました。ぜひご出席ください。会費は2500円、当日ご持参願います。といった感じになります。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です