横書きの手紙の書き方

横書きの手紙もあまり書かなくなった

日本の文字や文章は、元々縦書きで書きやすいように作られているとされます。しかし現在では、アルファベットを使った英文を併記したり、算用数字を使っていると、何かと横書きにすることが多くなっています。ビジネスでも横書きは、かなり一般的になっています。気楽にメモやコメントなどを書き込むには、横書きが便利な面もあります。しかし手紙となると、縦書きが正式なものとなり、横書きはカジュアルな手紙のやりとりに用いられます。このカジュアルな手紙も電子メールなどに取って代わられているので、横書きで書く場合も、どのようなルールがあるのか迷いやすくなっているのではないでしょうか。それでは、この横書きの手紙の書き方について説明していきます。

前文の書き方

横書きの手紙も縦書き同様の「前文」「主文」「末文」「後付け」「副文」の要素で構成されています。横書きの手紙の前文は次の3つの項目に分かれます。

・宛名
相手の氏名に敬称(様)をつけ、1行目の一番左に寄せて書きます。改まった手紙を除き頭語は省略できます。

・時候の挨拶
行頭から1字下げて書き始めます。

・安否を気遣う挨拶
前文の最後に相手の健康や安否を気遣う挨拶を書きます。相手とのやり取りに日数が空いている場合、ご無沙汰を詫びる言葉を書くこともあれます。

主文、末文の書き方

主文は手紙の用件を書きます。
・起語
「さて」「このたび」などの本題に入るきっかけとなる言葉を入れます。

・本題
用件をわかりやすく簡潔に書きます。伝えたい内容をいくつも詰め込まず、1つに絞って書きます。二重敬語や忌み言葉などは使わないように注意します。

末文は、本文の終わりを結びの挨拶で締めくくります。
・結びの挨拶
季節の挨拶と絡め、相手の健康や繁栄を祈る言葉で締めます。

後付け、副文の書き方

後付けには、手紙を送る「日付」と「署名」を書きます。

・日付
日付は1~2字の算用数字で発信月日を右に寄せて書きます。

・署名
一般的に姓名をフルネームで書きます。相手との関係次第では苗字を省略しても良く、行末より1字程度左に寄せて書きます。

副文は、書き漏らしたことや、念を押したいことを追記します。行頭に「追伸」や「二伸」と書き、1文字分スペースを空けて、書き漏らした内容などを書きます。副文は基本的に、目上の人や改まった手紙には、失礼な印象を与えてしまうので用いることはなく、親しい人の手紙に限ります。

横書きの封筒の書き方

横書きの封筒は角封筒とも言います。封筒を縦にし、右上に郵便番号、中央に住所、その下に宛名を書きます。左上には切手を貼ります。住所より宛名の文字を少し大きめにします。裏書きは、封筒の封の少し下から書き出し、住所は封筒の中央揃え、差出人の名前は住所の下に右に寄せて書きます。裏書きの文字は、表書きの文字よりも小さめにします。

まとめ・書き始めの位置に違いがある

横書きの文字を目にする機会は多いのですが、手紙を横書きで書く場合のルールがあります。両親や昔からの友人、身内でも目上でない人、知人で同等の立場の人などの親しい相手に送るカジュアルな手紙、フォーマルな内容でない季節の挨拶やご機嫌伺い、頂き物のお礼などは横書きが適していることがわかります。基本的に「前文」「主文」「末文」「後付け」「副文」の手紙の構成には、縦書きも横書きも違いはありません。前文では、宛名、時候の挨拶、安否を気遣う挨拶の書き始めには横書きなりの位置があります。主文や末文では、横書きでも縦書きでも、注意点は同様になります。日付や署名、封筒の書き方には、横書きなりの位置があります。これらのことを知り、スマートな横書きの手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方