励ましの手紙を書くには!?失意の人、失恋した人、門出を励ますには?激励の手紙の書き方を紹介

tegami

書き方の要点

激励の手紙は何よりも心の底からにじみ出る誠意をもって書かなければなりません。真心を込め、相手の身になって共に悲しみ、温かい同情の心で書きます。そして意気消沈している相手を勇気づけ、希望を持たせるようにします。内容としては、温かい同情の言葉を述べます。ただの慰めや励ましの言葉の羅列では、いくら名文でも相手の胸にしみません。相手に希望を持たせるため、沈んでいる相手の気持ちを明るい方へ導き、力づけます。形式的な名文句やお説教じみた高圧的な書き方は反感を招くので避けます。相手と自分の立場を考えて特に言葉遣いに気を配ります。「私はこうした」のような実例をなどを示すのも相手を勇気づけるために効果的とされます。

失意の人を慰める

失意の人を慰める手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、失業・失職・倒産・不運・無念・悲観・意気消沈・再起などがあります。事業に失敗した知人への文章例は次のようになります。 復啓 ただ今お手紙を拝見いたし、意外なお知らせに驚いてしまいました。ますますご発展のご様子と、喜んでおりましたのに、お店を閉められるとは、これまでのご苦労のあとを顧みますと、誠に残念に存じます。貴兄のご心中もいかばかりかとお察し申し上げます。 貴兄のご手腕をもってこのような結果になりましたのは、ひとえに時の流れの余波で、他の同業者ももっと悲惨な運命にあらわれていると聞き及んでおります。どうか、この機の到来を七転び八起きの例えにいたしまして、より一層のご奮起により、一日も早くご開運の日が来ます事を願ってやみません。 いずれ近日中にお目にかかりたいと思っておりますが、取りあえず意中まで。 重ねてご奮闘を祈り上げます。敬具 といった感じです。

失恋を励ます

失恋を励ます手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、恋愛・恋人・求婚・破局・悲観・背信・心情・孤独・試練などがあります。失恋した友を励ます文章例は次のようになります。 お便り受け取った僕にも、今の君のような経験をかつて味わったことがあるので、今さらのように当時の苦しみが蘇ってきて、君のやりきれない気持ちを痛いほど感じている。悲しくてやるせなく、かきむしられるような胸の疼きは、当事者にしかわからないものだ。今は思う存分悲しむしかない。しかし、悲しみを癒すのは結局自分自身なんだ。 あらゆる悲しみは歳月が癒してくれることは事実だし、恋愛は失うことでその貴重さがわかるとも言われている。そこで一つ提案するが、わき目もふらずに仕事に没頭してみてはどうだろう。ただしくれぐれも体に気をつけて。 気が向いたら、僕の家に泊りがけでやってこないか。元気を出してくれ。

門出を励ます

門出を励ます手紙の類語と文章例を挙げてみます。類語では、スタート・再出発・朗報・敬服・覚悟・闘志満々・確信・声援などがあります。事業の再出発を志す友への文章例は次のようになります。 お手紙拝謡。雌伏二カ月余の後、いよいよ事業ご再開の由、誠にめでたいこととお喜び申し上げます。実は、あのままでは折角の大兄の才能も手腕も、全く活かされないで終わるのではないかと内心はなはだ残念に思っていたのですが、失敗の原因を糾明しての再出発。大兄の不屈の闘魂には全く敬服するばかりです。 人生にはいくつかの転機があって、最後へ行きつくまでの経路が人生と言うものではないでしょうか。人生に失敗はつきものと考え、反省を繰り返しながら、ついには理想の地に到達することができます。大兄も恐らくそうなのです。 どうか明るく力強く、再出発の第一歩を踏み出されることを祈り上げます。敬具 といった感じです。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です