意外と知らない!?間違えたら恥ずかしい「内のし」と「外のし」の意味と違い、使い分け方

tegami

デパートなどで贈り物を買うときに、店員さんから「内のしと外のし、どちらになされますか」と尋ねられて困った経験はありませんか?この「内」と「外」って一体どのような違いがあるのでしょうか。今回はさまざまなお祝いの場面でつかわれるこの「内のし」と「外のし」の意味と、その違いをくわしくご紹介したいと思います。ぜひ参考にして下さいね。

「のし(熨斗)」とは

まず「内のし」と「外のし」についての説明に入る前に、そもそも「のし」とは一体何なのかをご紹介します。のし(熨斗)とは一般的に慶事の進物に使われる「飾り」のことです。昔は長寿を表わすアワビを伸ばして進物に飾って贈っていましたが、現在では色紙を六角形に折りたたんで、アワビに見立てた黄色の紙を包んだものになっています(水引の右上にあるあの赤と黄色の飾りのことです)。水引とのしを一緒に印刷したのし紙の普及により、最近ではのし本来の意味を知らない人が多くなっています。

「のし」の注意点

本来のしとは慶事の進物に使われる飾りですので、お祝い事以外には使いません。例えば仏事には「のし」はタブーとされます。現在では、「のし紙」と呼ばれるのしと水引を一緒に印刷したものがありますが、仏事ののし紙には「のし」が印刷されておらず水引だけです(のし紙なのに「のし」がない、というのもおかしな話ですが)。また、お見舞いの品を贈答するときにも「のし」はタブーです。ただし、お見舞いをお返しする場合には、お返しができるほど元気になったという喜ばしい意味が含まれていますので「のし」をつけて出します。

「内のし」とは

「品物」の上に「のし」をかけ、その上から包装紙をかけます。「内のし」とは、「内側にあるのし」という意味で、包装紙の中にのしが隠れることをいいます。相手に渡すときに表書きが隠れた状態ですので、本来の目的(御祝など)が相手にすぐわかりません。ですからとても控えめな印象になり、主に「内祝い」の時によく使用されます。また、それ以外でも宅急便などで進物を送る場合、配送途中でのし紙が汚れたり、破れたりしないように内のしを選ぶ人が増えています。

「外のし」とは

「品物」の上に「包装紙」をかけ、その上に「のし」をつける方法です。外のしは内のしと違い、表書きがはっきりと見えますので、どのような目的で贈り物をしたのかを示したい場合に使われます。結婚祝いや出産祝いのような慶事に向いています。またお宅に伺うなど、直接贈答品を手渡しするときは、宅急便のように配達途中で傷が付いたりする心配はないので外のしが使われます。

まとめ

いかがでしたか?基本的に「内のし」は内祝いなど控えめなお祝いに、「外のし」は結婚祝いや出産祝いなど、喜びを強調したいお祝いに向いています。ただし、この違いにもさまざまな種類があり、例えば「関東は外のし、関西は内のし」「配送は外のし、持参は内のし」なども言われています。このように、地域などによってさまざまな違いがありますので、もし迷う場合は家族など身近な人や、デパートや贈答専門店などの店員さんに聞いてみるといいですね。地域に即したやり方を教えてくれるはずです。のし以外の役立つマナーもたくさん教えてもらえるかもしれませんよ。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です