秋に使える「時候の挨拶」で自然の色の移り変わりを表す

草木が黄色や赤色に色づき始める秋は、二十四節気では8月8日ごろの「立秋」から始まります。私たちが感じる「秋」とは程遠い8月ですが、一番暑いこの時期を過ぎるとこの暑さも「残暑」と呼ばれるようになります。霜が降りるとされる10月23日頃の「霜降」までがあ「秋」と定義されるのが手紙のマナーです。

まだまだ暑い8月に用いる時候のあいさつ

「残暑」「納涼」「晩夏」「初秋」などが季語となります。

「朝晩はしのぎやすくなりました」
「暑さの峠も過ぎたようです」
「立秋とはいえまだまだ暑さが残り」
「暦の上では秋ですが」

などのように時候のあいさつを書き出します。地域によっては「ひぐらし」が鳴き始めますが、このひぐらしの声が聞こえると「秋」を感じるのが日本人の感性なのでしょう。生活の中では「盆踊り」や「台風」なども使えますね。

暮れる秋と書いて「暮秋」も味わいのある言葉です。

いよいよ秋の感じが出てくる9月の時候のあいさつ

9月8日は「白露」と呼ばれ、朝晩は幾分過ごしやすくなり早朝は草花に「朝露」がついているのを見つけられるでしょう。9月23日の「秋分」を境に秋真っ盛りと言った雰囲気になります。昼夜の長さが同じになり、翌日からは夜が日毎に長くなっていきます。

「初秋」「秋冷」「爽秋」「野分」「白露」「秋分」などがポピュラーな季語です。河原や草原ではコスモスが咲き始め、ススキの穂も銀色になる時期です。

「残暑もやわらいで過ごしやすくなりました」
「日暮れの早さが秋を感じさせます」
「空が高く澄んで、秋風も心地よい」

のように書くと良いですね。「二百十日」「燈火親しむころ」なども用いることができます。地域の神社などでは「秋祭り」が開催される時期でもありますね。

涼しくなった10月の時候のあいさつ

10月8日頃の「寒露」は文字どおり「冷たい露が草木に訪れるころ」という意味です。各地で菊まつりや紅葉の便りがちらほら聞かれるころ、稲刈りを終える田んぼも増えてくる時期です。10月23日の「霜降」を迎えると、高い山では山頂がうっすらと白くなり青い葉は失せ紅葉とのバトンタッチが始まります。

有名な言葉では「天高く馬肥ゆる秋」がありますね。空は高く晴れ渡り、暑さも遠ざかり過ごしやすい時期と言えるでしょう。

「秋麗」「秋雨」「紅葉」「仲秋」「霜降」などが季語です。また「芸術の秋」「味覚の秋」「秋日和」なども良いですね。

「菊花香る季節」という書き出しが案外印象的です。10月に咲き始める菊は人里特有のものです。街中で生活をしていても、10月の菊は感じることができます。「菊花」は11月にも使用する季語ですが、遅い菊ほど野山に咲く野菊となります。

「秋色が少しずつ深まり」
「朝晩の涼しさに秋の深まりを感じます」
「秋が深まるにつれ夜寒を感じ」

いよいよ秋が深まり冬を迎える準備と言った言葉が増えてきます。「虫の音」や「柿の実」などは身の回りにある「秋」です。このご時世「ハロウィン」を季語に加えても案外素敵かもしれませんね。

10月下旬に少し肌寒さも感じるころ、朝方の住宅街で感じる秋をご存知でしょうか。甘い香りがどこからか漂ってきたら、それはきっと「金木犀」です。

日足が短くなる秋の時候のあいさつ:まとめ

人や地域によってはまだまだ暑さをかなり感じる8月から肌寒い10月まで、秋の移り変わりは様々です。折々の季節を表現する時候のあいさつをご紹介しました。

手紙の書き方  手紙の書き方