縦書きの手紙の書き方

万年筆

縦書きは正式なもの

普段、目にしている文章は横書きの文書が多いのですが、新聞や本は縦書きが多く、いざ自分が手紙を書くことになると、縦書きか横書きか迷うところではないでしょうか。手紙は縦書きでも横書きでも、基本的には良いとされます。特にプライベートな場合は書きやすさや好みで選ぶことになります。しかし、一般的に縦書きの手紙は正式なもので、横書きは親しみを込めたり、カジュアルな手紙に用います。縦書きの場合、手紙の基本形式に則り、前文・主文・末文・後付の4つのブロックで構成されています。横書きでは、省略する部分も出てきます。ビジネスの手紙では、この形式で書けば、簡単に礼儀正しいものになります。それでは、この縦書きの手紙の書き方ついて説明していきます。

縦書きの前文について

頭語、時候の挨拶、相手の繁栄や健康を確信する言葉、平素の厚誼・厚情へのお礼などの流れは縦書きでも横書きでも違いはありません。

・頭語
頭語と結語で決まった組み合わせになっています。相手や手紙の内容で適宜選びます。一般的な手紙では「拝啓」、目上の人宛てや改まった手紙では「謹啓」を選びます。

・時候の挨拶
時候の挨拶例がありますが、感じた季節感を言葉にします。お詫びの手紙では、時候の挨拶は書かず、直接本題に入ります。

・相手の繁栄や健康を確信する言葉
特にビジネスの手紙の際、時候の挨拶を締めくくる時に、相手の繁栄や健康を確信する表現にすると良いとされます。例文「ご無沙汰しておりますが、お元気でご活躍のことと存じます。~」

・平素の厚誼や厚情へのお礼
取引先などには、日頃の厚誼や厚情に対してのお礼を書くことで、より好印象になります。

例文「いつもたいへんお世話になり、感謝いたしております。~」

縦書きの主文について

・主文の起語
起語は、ここからが用件ですと、知らせる書き起こしの言葉となります。
起語例「さて、ところで、実は、このたびは、さっそくですが、突然ですが」

・主文の用件
手紙の目的や用件は簡潔にします。
一通の手紙に、2つ以上の用件を入れないようにします。

縦書きの末文について

今後の厚情や指導を願う言葉、相手の発展・繁栄を願う言葉、伝言を頼んだり用件を結ぶ言葉、結語の流れで書きます。

・結びの挨拶
全ての要素を盛り込む必要が無いこともあります。
今後の厚情や指導を願う例文「引き続きご指導を賜りますようお願い申し上げます。~」
相手の発展や繁栄を願う例文「末筆ながら貴社のますますのご発展を祈念いたしております。~」
伝言や用件で結ぶ例文「書中をもちましてお礼とさせていただきます。~」

・結語
頭語と結語で決まった組み合わせになっています。

縦書きの後付けについて

日付、差出人名、宛名の流れで書きます。

・日付
手紙を書いた日付で正式には年月日を書きます。祝事の場合、○年○月吉日としても良いです。

・差出人名
会社名と姓名を書きます。

・宛名
相手の会社名、役職名、姓名を書きます。宛名は差出人よりも大きめに書きます。
例文「営業部課長○○○○様、営業部○○○○課長」
役職名も名前も分からない場合の例「○○株式会社営業部ご担当者様」
役職は分かり名前が分からない場合の例「○○株式会社営業部課長」

まとめ・正式なものは縦書き

手紙の書き方は、基本的には、縦書きでも、横書きでも良いのですが、縦書きの手紙は正式なものになり、横書きは親しみを込めたり、カジュアルなものになります。縦書きでも横書きでも文字は楷書で書きます。手紙の形式は、どちらも同様なのですが、横書きの場合、省略できる部分があることがわかります。縦書きでは、手紙が改まったものなので、頭語や季節の挨拶は、省くことはありません。主文は、起語を用いて、これからが用件であることを知らせ、スムーズにつなげます。文末も、手紙の内容に応じた、しっかりとした締めくくりにします。縦書きはビジネスでのお願いのことも多く、宛名は相手を敬う形になります。縦書きは、主として正式な手紙になるので、間違いが内容にしたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方