英語の手紙の例文

英文にもフォーマットはある

近年、インターネットの普及もあり、世界中の人とやり取りすることが増えてきています。チャット的なことでしたら、翻訳ツールもあるので、なんとか通用したりもします。このような電子メールなどでは、それほど気にしないかもしれませんが、正式な手紙を英文で出すとなると、勝手が違い迷うことが多いのではないでしょうか。日本語でも、手紙を書く機会は減っているのに、英語となると書き出しからして皆目見当もつきません。しかし、これをしっかりとマナーに則った形で出せるようになれば、評価は格段に高くなることは間違いありません。英語の手紙の書き出しは、宛先を書く、挨拶をする、手紙の目的を伝えるが基本となります。それでは、この英語の手紙の例文について説明していきます。

宛先を書く場合

冒頭に宛先を書く際には、名前の後に必ずコンマをつけます。女性に対しては「Ms.」をつけるのが無難ですが、相手が既婚女性の場合は「Mrs.」が使えます。「Ms.」「Mr.」の後には、必ず名字を書きます。

・フォーマルな宛先の書き方
一般的で、面識のない相手には、「Dear Mr.(名字)、Dear Ms.(名字)を使います。
面識のある相手には、「Dear ◯◯」、◯◯の部分には相手のファーストネーム(名前)またはフルネームが入ります。宛先が2人の場合、「Dear ○○ and □□ 」と and でつなぎます。
名前の分からない場合は、「To whom it may concern(ご担当者様)」
「Dear Sir or Madam(ご担当者様)」

・カジュアルな宛先の書き方
親しい間柄の相手には、「Hello ファーストネーム(こんにちは、○○)」
「Hi ファーストネーム(やあ、◯◯)」
「Hey ファーストネーム(やあ、◯◯)」
「To ファーストネーム(◯◯へ)」

英文の挨拶の書き方例

ビジネスシーンでは、冒頭で自分が誰なのかを相手に、ハッキリさせることが大切となります。

・フォーマルな挨拶
「My name is ○○ ○○ and I’m a member of A-team.(私の名前は○田○男です、Aチームに所属しています。)」
「My name is ○○ ○○ and I work at Cyber Amazon.(私の名前は○田○男です、サイバーアマゾン働いています。)」
「Thank you so much for visiting our office yesterday.(昨日は、弊社にご訪問いただきありがとうございました。)」
「Thank you very much for your inquiry.(お問い合わせいただき、ありがとうございます。)」
「I’m sorry for my late reply.(お返事が遅くなり申し訳ありません。)」
「I hope this letter finds you well.(お元気でお過ごしのことと存じます。)」

・カジュアルな挨拶
「How have you been?(元気にしてますか?)」
「How are you doing?(元気?)」
「I hope you’re doing well.(お元気のことと思います。)」
「It’s been a while.(久しぶり。)」
「I haven’t seen you for a long time!(長い間会ってないね!)」
「How’s it going?(調子はどう?)」

手紙の目的を伝える例

簡単な挨拶の後に手紙を書いた目的を伝えます。
「The purpose of this letter is to ask some questions about your current product.(貴社の現行製品についていくつか質問をしたく、お手紙させていただきました。)」
「The reason why I am writing this letter to you is ~.(私があなたにこの手紙を書いている理由
は~。)」
「I’m writing this letter because I’d like to ~.(私は~したいので、この手紙を書いています。)」
「Please let me ask some questions about ~.(~について質問させてください。)」
「The purpose of this letter is ~.(この手紙の目的は~.)」
「This is to confirm ~.(確認ですが~)」

まとめ・理解すれば難しくない

インターネットの普及に伴い、世界中の人とやり取りができるようになりましたが、お付き合いによっては、電子メールばかりでなく、実際に手紙を書くこともあります。普段書き慣れていない手紙の上に英語となるとかなりハードルが高くなるのですが、しっかりと理解していれば、難しい面は少ないと言えます。英文の手紙にも、日本語の手紙同様にマナーやルールがあることがわかります。手紙の書き出しには、宛先、挨拶、手紙の目的を書くのが基本となります。フォーマルな宛先では、「Dear Mr.(名字)」のような言い回しがあり、カジュアルな宛先では、ファーストネームのみを用いることになります。フォーマルな挨拶では自分が何者か名乗り、カジュアルな挨拶では相手のご機嫌を尋ねる形になります。また目的は簡潔にします。これらのことを把握して上手に英語の手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方