5月の手紙の書き出し

過ごしやすい季節を表現する

手紙には、四季折々の情緒を盛り込みます。5月は、緑が美しく、陽気が清々しく気候としても過ごしやすい季節となります。時候の挨拶では、山や野原、街の緑の様子を香りや心地良い風などで表現した言葉を手紙にしたためたいものです。その季節を美しく彩る花や草木、景色は、絶好の題材として手紙に登場します。5月の場合、季節の語である、菖蒲、つつじ、すずらん、バラ、立夏、新緑、若葉など用いることが多くなります。これらを使って、自分なりの言葉を綴ってみるのも面白いかもしれません。先方を気遣う言葉では、過ごしやすい季節の中、健やかに過ごしていることを確信する文章にします。それでは、この5月の手紙の書き出しについて説明していきます。

ビジネスの手紙の例

・5月上旬
「風薫る5月、○○様におかれましては、ますますご健勝のことと存じます。~」
「行く春を惜しむ今日この頃、○○様におかれましては日々ご多忙のことと存じます。~」
「澄み渡る五月晴れの日々が続いておりますが、○○様はいかがお過ごしでしようか。~」
「八十八夜の別れ霜のとはよく言ったもので、本格的に暖かくなってまいりました。~」
「新緑が美しい季節となりましたが、ますますご清祥のことと存じます。~」

・5月中旬
「目に鮮やかな新緑の候、貴社の皆様におかれましては、爽やかな5月をお迎えのことと存じます。~」
「色とりどりの花々が咲き競う季節になりましたが、ますますご健勝のことと存じます。~」
「木々の緑が鮮やかな季節、○○様はいかがお過ごしでしようか。~」

・5月下旬
「かなり汗ばむ陽気となり、夏が近いことを実感する季節になりましたが、ますますご健勝のことと存じます。~」
「若葉の香りに伸びやかな気持ちになるこの頃。ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。~」
「日差の強さに夏への移ろいを感じる季節を迎え、貴社の皆様におかれましては、ますますご活躍のことと存じます。~」

改まった形の手紙の例

「新緑の候、いよいよご清栄の御事、大慶に存じ上げます。~」
「晩春のみぎり、いかがお過ごしでしょうか。~」
「惜春の候、ますますご清福の段、何よりと存じ上げます。~」
「向暑の候、ご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。~」
「立夏の候、ご壮健の段、お慶び申し上げます。~」
「軽暑の候、ご清適の段、慶祝の至りに存じ上げます。~」
「薫風緑樹の候、心浮き立つ美しい季節になりました。~」
「老俊の候、ますますご壮健のこととお慶び申し上げます。~」

親しみを込めたプライベートな手紙の例

「そよぐ春風に、藤の花が趣深く揺れる季節です。~」
「さわやかな5月の風が心地よく感じられます。~」
「街路樹が青々と生い茂り、目に鮮やかに映ります。~」
「心なしか夏を感じる頃になりました。~」
「風薫る季節となりました。~」
「若葉がすがすがしい頃となりました。ますますご活躍のことと存じます。~」
「卯の花に夏を思う頃となりました。~」
「木々の若葉が目に鮮やかな季節になりました。~」

まとめ・季節の移ろいなど表現

5月は、陽気が清々しく気候としても過ごしやすい季節なので、手紙の受け取り手に、ご活躍ぶりをうかがわせるような言葉を添えた手紙が相応しいと言えます。5月ならではの菖蒲、つつじ、すずらん、バラ、立夏、新緑などの風物を盛り込みます。ビジネスの手紙、改まった手紙、親しみのあるプライベートな手紙には、それぞれ季節を感じさせる文面になっていることがわかります。ビジネスの手紙では、新緑や風薫る五月といったような言葉と共に、相手が活躍をしていることを確信したものになっています。正式な手紙では、惜春の候や向暑の候といった、春惜しんだり、暑さに向かう季節を表した時候の挨拶を用います。親しみを込めた手紙では、さわやかさを強調している文面が多くなります。これらのことを知って5月の手紙を上手に書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方