1月の手紙の季語

新年の始まりと寒さが主体

ただ数字で表すのではなく、1月を旧来の名称で呼ぶと、どこか風情が漂います。1月は身分や年代に関係なく老若男女が集まって睦び合う月というところから睦月と呼ばれています。正月はもちろんのこと、物事の一番最初という意味がある「太郎」を用いて、一番最初の月の太郎月と呼ばれることもあります。この他、霞初月(かすみそめづき)、初春月、暮新月(くれしづき)、初見月、早緑月(さみどりづき)、祝月(いわいづき)、年端月(としはづき)、端月(たんげつ)、初空月、嘉月、初月などがあります。いずれにしましても、おめでたい新年の始まりの月です。二十四節季では、寒さが増してくる寒の入りの「小寒」、寒さが最も厳しくなる「大寒」にあたります。手紙の冒頭では、一般的にその月の季語や因んだ言葉を使って、先方の安否などを気遣う言葉を書きます。季語はその中で大切な要素と言えます。それでは、この1月の手紙の季語について説明していきます。

1月の季語

新春の候、厳寒の候、厳冬の候、大寒の候、酷寒の候、極寒の候、初春のみぎり、初春の候、寒冷の候、中冬の候、孟冬の候、頌春の候、迎春の候、新陽の候、年始の候、厳寒のみぎり、大寒のみぎり、酷寒のみぎり、寒冷のみぎり、中冬のみぎり、酷寒の折、寒冷の折、孟冬の折などが挙げられます。この他、俳句の季語にも使われる、新年、元旦、初日の出、初詣、初富士、年賀、門松、書初め、雑煮、鏡餅、独楽(こま)、羽子板、獅子舞、福引、初売り、初荷、仕事始め、初夢、宝船、初笑い、松の内、雪見、寒梅、冬桜、元朝、初鶏、初雀、初凪、若水、七草、延寿祭、福寿草、初荷などもプライベートな手紙の表現に使えます。

季語を交えたビジネスの手紙の例文

「新春の候、貴所ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」
「大寒の候、皆様にはますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」
「頌春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」
「厳寒のみぎり、貴社いよいよもってご発展のことをお慶び申し上げます。」
「寒冷の候、貴社皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」
「極寒の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」
「初春のみぎり、皆様にはより一層ご活躍のこととお慶び申し上げます。」
「寒冷の折、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。」
「孟冬の折、皆様のより一層のご発展をお祈り申し上げます。」

季語などを交えたプライベートな手紙の例文

「謹んで新年のお慶びを申し上げます。」
「 一陽来復の春、○○さんは、お変わりなくお過ごしでしょうか。」
「厳しい寒さが続く今日この頃。ご家族の皆様はご壮健にてお過ごしでしょうか。」
「大寒を迎え、いよいよ冬将軍が到来する時期となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。」
「底冷えする日が続いております。お健やかにお過ごしでしょうか。」
「暖冬とはいえ、冬の寒さは厳しく感じますが、毎日お元気でお過ごしでしょうか。」
「松飾りもとれ、普段通りの生活が戻ってきました。近いうちにお伺いいたします。」
「七草も慌ただしく過ぎてしまいました。いかがお過ごしですか。」
「暖冬とはいえ、毎日厳しい寒さが続いていますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。」

まとめ・正月の顔と冬の盛りの顔がある

新春の候、厳寒の候、厳冬の候、酷寒の候、極寒の候、寒冷のみぎり、中冬のみぎり、酷寒の折、寒冷の折、孟冬の折などの季語を用いて季節感が漂う手紙を書きます。ビジネスの手紙やプライベートな手紙には、この1月を彩る言葉を用いた、それぞれに相応しい表現があることがわかります。二十四節季では、「小寒」「大寒」を用います。ビジネスの手紙では、新春の寿ぎや本格的な寒さを感じさせる季語を使って、相手の繁栄や健康を願ったより丁寧な表現にします。プライベートな手紙では、新年の情景や寒さ状況を語りかけるように表現し相手を気遣います。プライベートな手紙に使える俳句の季語では、元旦、初日の出、初詣、初富士、鏡餅、羽子板、獅子舞、福引、初売り、仕事始め、初夢、松の内、雪見、寒梅、若水、七草、福寿草などがあります。これらを相手や状況に応じて使い分け、1月に相応しい手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方