1月の手紙の書き出し

手紙の書き方

新年のはじまりや心機一転を題材とする

手紙には、四季を感じさせる情緒を書き添えます。1月は、新しい年を迎えて、心機一転、新たにいろいろなものが動き出す月となります。時候の挨拶を含めて、縁起の良い風景や出来事、吉兆とされる語句などを入れて表現した言葉を手紙にしたためたいものです。1月の場合、草木としては、福寿草、水仙、寒桜、寒椿、臘梅などを用いることが多くなります。また6日頃に小寒、20日頃に大寒を迎えるとても寒い時期でもあります。最適な1月の風物を選び自分なりの言葉で綴ってみるのも趣深いかもしれません。時候の挨拶の後、先方の健康や安否を気遣う言葉が一般的ですが、1月の場合、先方の一年のご多幸を確信するような言葉を書きます。それでは、この1月の手紙の書き出しについて説明していきます。

ビジネスの手紙の例

・1月上旬
「謹んで初春を寿ぎ、お慶びを申し上げます。~」
「新年明けましておめでとうございます。貴社におかれましては、ますます幸多き年になられることとお慶び申し上げます。~」
「初春の候、貴社の皆様におかれましては、本年も良いお年をお迎えになったことと拝察いたします。~」

・1月中旬
「厳寒の折、貴社の皆様ますますご清栄の由、お慶び申し上げます。~」
「真冬の冷たい空気が身を刺す今日この頃。○○様にはご清祥のことと存じます。~」
「寒中お見舞い申し上げます。厳寒の中、貴社の皆々様ご活躍のことと拝察いたします。~」
「一陽来復の春となり、気分も新たに気を引き締める時期、貴社の皆様ますますご清栄の由、お慶び申し上げます。~」

・1月下旬
「猛寒の折から、貴社ますますご隆昌のことと拝察いたします。~」
「寒椿が力強さを感じさせる厳冬の候、貴社いよいよご活躍のこととお祝い申し上げます。~」
「大寒のみぎり、美しく咲く寒桜を見ては心が和む毎日でございます。本年に入り、未だご挨拶にお伺いできず失礼しておりますが、いかがお過ごしでしょうか。~」

改まった形の手紙の例

「謹賀新年 ~」
「恭賀新年 ~」
「謹んで新春をお祝い申し上げます。~」
「酷寒のみぎり、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。~」
「厳寒の候、いよいよご清栄の由、お慶び申し上げます。~」
「烈寒の候、皆様にはご健勝にてお過ごしの段、お慶び申し上げます。~」
「隆寒の候、貴家ご一統様には、ご清福の段、大慶に存じ上げます。~」
「新春を寿ぎ、ごあいさつ申し上げます。~」
「酷寒のみぎり、ご壮健の御事、慶賀の至りに存じます。~」

親しみを込めたプライベートな手紙の例

「初春にふさわしく、穏やかな日和が続いています。~」
「一富士二鷹三茄子などと言いますが、今年の初夢はいかがでしたか。~」
「水道も凍るような寒さの今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。~」
「新年あけましておめでとうございます。どんなお正月をお過ごしでしたか。~」
「新年を迎え、新たな気分でお過ごしのことと思います。~」
「正月気分がようやく抜け、いつもの日々が戻って来ました。~」
「こたつから離れられない寒さの続く毎日ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。~」
「大寒に入り、身も心も引き締まります。~」

まとめ・新年と寒さに関わる風物が主体

1月は、新年を迎え、心機一転、いろいろなものが動き出す月となります。手紙の受け取り手に、この一年のご多幸を確信するような言葉を添えた手紙が相応しいと言えます。1月ならではの縁起の良い風景や出来事、吉兆の言葉など用います。草木としては、福寿草、水仙、寒桜、寒椿、臘梅などを風物として盛り込みます。ビジネスの手紙、改まった手紙、親しみのあるプライベートな手紙には、それぞれに1月の風情や寒さを表現した文面になっていることがわかります。ビジネスの手紙では、書き出しに「一陽来復」のような独特の言い回しがあります。改まった形の手紙では、新年の挨拶や厳しい寒さに対する思いを用いることになります。親しみを込めた手紙では、新年に因む情景や寒さをやわらかく表現します。これらのことに配慮して、1月に相応しい手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方