11月の手紙の書き方と例文

秋から冬への移ろいの季節

手紙には、季節を思い起こす情景を書き添えます。11月は、木枯らしなどが吹き、秋から冬へと移る時期となります。時候の挨拶を含めて、7日頃の立冬、日増しに寒さが厳しくなる季節、落ち葉が舞い散る様子などの語句を入れ、冬の訪れを楽しむような表現にします。11月の場合、紅葉狩りも風物として相応しく、年賀欠礼の手紙を出すこともあります。11月に最適な言葉を選び、自分なりに綴ってみるのも面白いかもしれません。手紙の受け手が、心温まり元気になることや、年末を意識し気遣った言葉などを使って手紙をしたためたいものです。また先方が健やかに暮らしていると確信する文章にもします。それでは、この11月の手紙の書き方と例文について説明していきます。

ビジネスの手紙の例

・11月上旬
「虫の音もいつしか消えた晩秋の候、皆様いよいよご壮健の段、大慶に存じます。~」
「紅葉色濃い晩秋の候、皆様におかれましては、ますますご健勝にお過ごしのことと存じます。~」
「肌寒さが身にしみる今日この頃。公私ともに年末に向けて多忙な時期に入りましたが、お元気でご活躍のことと拝察申し上げます。~」

・11月中旬
「冷雨の折から、貴社ご一同様にはいよいよご健勝のことと存じます。~」
「立冬を過ぎ、日一日と冷気が加わるこの頃。身も心も引き締まります。○○様にはますますご精励のことでしょうか。~」
「小春日和に喜びを感じる向寒の折、貴社ますますご隆昌の由、大慶に存じます。~」

・11月下旬
「暦の上では小雪となり、本格的な寒さに向かう向寒の候、貴社ますますご清適の由、大慶に存じます。~」
「霜が朝日に溶けていく様に清々しさを感じる初霜の候、ご清栄のことと存じ上げます。~」
「ご無沙汰しておりますうちに、すっかり冷え込むようになりました。ご多忙のことと存じますが、お風邪など召されていませんか。~」

改まった形の手紙の例

「晩秋の候、ますますご清適のこととお慶び申し上げます。~」
「晩秋の候、いよいよもってご隆昌の御事、大慶に存じ上げます。~」
「向寒のみぎり、ますますご壮健のこととお慶び申し上げます。~」
「落葉の候、皆様お健やかにお過ごしのことと存じます。~」
「季秋の候、皆様より一層ご清適にてお過ごしのことと存じ上げます。~」
「冷雨の候、ますますご壮健のことと拝察いたします。~」
「季秋の折から、ますますご活躍の段、お慶び申し上げます。~」

親しみを込めたプライベートな手紙の例

「落葉舞い、忍び寄る冬の寒さを感じる季節です。~」
「秋も深まり朝夕はめっきり冷え込む頃となりました。~」
「冬が駆け足で近づいているようです。~」
「ストーブの火が恋しい季節となりましたが、皆様ご壮健のことと思います。~」
「里山に目を向けると、いつしか紅葉が美しく色づいています。~」
「故郷の山々は、早くも薄っすらと雪化粧を始めています。ご機嫌いかがでしょうか。~」
「木枯らしが吹き抜け、日ごとに秋が深まっていくようです。~」
「感傷的な暮秋の頃となりましたが、皆様明るくお元気にお過ごしですか。~」

まとめ・晩秋と初冬の間の風情を書く

11月は、落ち葉が舞い散り、秋から冬へと移ろう季節となります。手紙の受け取り手が、心温まり元気になることや、年末を意識して気遣う言葉を添えた手紙が相応しいと言えます。11月ならではの木枯らし、紅葉狩り、冬の訪れなどを風物して盛り込みます。ビジネスの手紙、改まった手紙、親しみのあるプライベートな手紙には、それぞれに11月の情景や天候を表現した文面になっていることがわかります。ビジネスの手紙では、書き出しに「暦の上では○○になり、」のような二十四節季を用いて、冬の訪れを知らせたりします。改まった形の手紙では、寒さを表現した時候の挨拶を用いることになります。親しみを込めた手紙では、去りゆく秋の情景などをやわらかく表現します。これらのことを把握して11月らしい手紙を上手に書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方