忌み言葉

tegami

エチケットに反する言葉

日本では昔からエチケットに反するとされる忌み言葉があります。一番よく耳にするのが結婚式の披露宴ではないでしょうか。ウェディングケーキを切るとは言わず、ウェディングケーキにナイフを入れるという言い方になります。これは「切る」と言う言葉が「縁を切る」に通じるとし、離縁を連想させるからです。また披露宴を終わらせていただきますのところを、お開きにいたしますという言い方にします。これは忌み言葉を避けた言い替えと言えます。忌み言葉は、ある特定の人に嫌われる言葉ですが、絶対に使ってはいけないという厳格なものはなく、年齢が若かったり、外国の生活が長かったりすると問題にしない人もいます。しかし、形式ばった場合、目上の人が多い場合、高齢者が多い場合は、世間の習慣に従って忌み言葉を避けたいものです。

慶事において

結婚関連では、離婚を連想させる言葉が好まれません。去る・別れる・出る・戻る・追う・返す・帰す・折り返し・切る・離れる・終わる・割れる・壊れる・破れる・飽きる・嫌う・冷える・浅い・薄い・焦る・退く・滅びる・別々・思い切る・帰郷・追ってなどがあります。再婚を連想させる重ね言葉や繰り返しの意味を持つ言葉も好まれません。たびたび・いよいよ・重ね重ね・かえすがえす・くれぐれも・なお・しばしば・さぞさぞ・重々・またまた・また・重ねて・再度・再三・再びなどがあります。その他、新築、新装開店、受験などでは、困る・心配・苦労・乱筆・厄介・病気・死・四・逝く・衰える・枯れる・朽ちる・倒れる・へこたれる・燃える・焼ける・崩れる・つぶれる・失う・落ちる・閉めるなどがあります。

凶事において

お悔みの場合の忌み言葉は、相手が落ち込んでいるので、特に注意する必要があります。人間一生に一度の死ですから、繰り返すとか、追いかけるといったものは、一般的に不吉な言葉とされています。数字では、四は「死」に通じるので「よ」と読み、九は「苦」に通じるので「ここのつ」と読みます。このように言い替えや避けることが肝心です。特に葬儀ではスピーチをする場面もあり、忌み言葉を使ってしまったために、その場がギクシャクした雰囲気になってしまうこともあり、慎重に言葉を選ばなければなりません。また病気の他、地震・火事・洪水などの災害も二度と受けてはならないものですから、重なるや再三などの重ねる言葉は避ける必要がありま
す。

その他の注意点

忌み言葉は使わないに越したことはないので、言い替えができるものは、言い替えが必要です。どのようなものがあるか次に挙げます。終わるは開くに、去年は昨年に、四はよに、塩は浪の花に、しょうゆはむらさきに、猿はエテに、梨はあり実にします。また身代を擦るを連想させるので、するめはあたりめに、すり鉢はあたり鉢に、顔を剃るは顔をあたるに、すずり箱はあたり箱になります。言葉をより慎重に丁寧にしようとすると、それが仇になることも数多く見受けられます。うっかり使いやすい忌み言葉には、次のようなものが挙げられます。重々お察し申し上げます。乱筆をお許しください。返す返すも残念なことで。憂慮にたえず。度々のご返事。難渋いたし。閉口いたし。弱りました。追って告別式は。なおご供物の儀は。これらが代表的なので、注意したいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です