物の数え方

tegami

日本語は数え方が豊富

物の数の数え方が豊富なのは、日本語の特徴の一つと言えますが、中国語・韓国語など東アジア・東南アジアの多くの言語にもあります。英語なら、ONEで済むところを、日本語では、物や状況に応じて様々に変化します。この物の数え方は助数詞と呼び、数を表す語の後ろに付けて、様々な事物の数量を表すものです。日本語の助数詞は、一説には約500種類あるとされますが、現在一般に使用されるものはそれより少なく、「個」、動物では「匹」、細長いものでは「本」、平たいものでは「枚」などと多数の語に充てられる助数詞が多く使われています。しかし、獣なら一匹、鳥なら一羽、うさぎは獣なのに一羽だったりと、歴史や文化に根差して面があり、使い分けられれば、評価は高まります。またこれを手紙で間違えた形で書いてしまうと、その人の見識や品性が疑われてしまうので、しっかりと書き分けたいものです。物の数え方は、あまりにも多岐な分野にわたるので、便宜的に五十音順に挙げて行きます。

ア行からカ行

雨戸は一枚。飴は一つ・一本・一びん・一缶。アイロンは一丁。朝顔は一本・一輪・一鉢。鮎は一尾。アルバムは一冊・一帖。いかは一杯。生け花は一鉢・一杯・一びん。囲碁は一局。椅子は一脚。糸は一筋・一巻・一掛・一把。いのししは一匹・一頭・一蹄。位牌は一基・一柱。魚は一匹・一尾・一籠。歌は一首。謡は一番。うちわは一本。うには一壺・一びん。うりは一本・一顆。絵は一幅・一枚。えびは一匹・一折。エプロンは一枚・一掛。扇は一本・一対。貝は一つ・一皿・一籠。鏡は一面。額は一面・一架。掛軸は一幅・一軸。傘は一本・一張。菓子は一個・一袋・一包・一折・一缶・一箱。刀は一口・一振・一腰・一剣。兜は一頭。蚊帳は一帳・一垂。瓦は一枚・一坪・一山。ギターは一丁。鏡台は一台・一脚。鎖は一筋・一本。香典は一封。琴は一面・一張。昆布は一枚・一連。

サ行からタ行

材木は一本・一石・一組。詩は一編・一絶。芝居は一幕。写真は一枚・一葉。三味線は一丁・一棹。重箱は一組・一重・一提。数珠は一連。将棋盤は一面。浄瑠璃は一段・一節・一曲。スキーは一台・一組・一揃。すだれは、一枚・一垂・一張。相撲は一番。赤飯は一杯・一皿・一釜。造花は一本・一束。そろばんは一丁・一面。卵は一粒・一個・一籠。団子は一串・一皿・一本。田は一面・一枚。太鼓は一柄・一張。大砲は一門。松明は一把。茶は一杯・一碗・一袋・一壺。茶杓は一本・一筒。ちょうちんは一つ・一張。机は一つ・一脚。綱は一筋・一本。手紙は一本・一通・一封。手ぬぐいは一本・一筋。土蔵は一棟・一戸前。砥石は一つ・一丁・一個。手袋は一対・一組。寺は一軒・一寺・一山。戸は一枚。灯籠は一台・一基・一張。鳥居は一基。

ナ行からワまで

菜は一株・一束・一把。苗は、一本・一株・一束。長持は一棹。薙刀は一振・一柄。ぬかみそは一桶。ネクタイは一本・一掛。のこぎりは一丁・一本。のれんは一枚・一垂。バイオリンは一丁。羽織は一枚・一領。袴は一枚・一腰。はさみは一丁。箸は一膳・一揃。旗は一つ・一流・一本。撥は一丁・一本。花は一輪・一枚・一茎。花環は一本・一基。半紙は、一枚・一帖・一束・一締。ひもは、一本・一条・一筋。屏風は一枚・一架・一帖・一双。笛は一本・一管。筆は一本・一管・一茎。仏像は一体・一座・一躯。布団は、一枚・一組・一重。舞踊は一さし。巻物は一本・一巻・一軸。幕は一垂・一張。松飾は一揃・一門。餅は一個・一枚・一重。矢は一本・一筋・一条。社は一座・一字。山は一つ・一連。鎧は一領。立像は一体・一基。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です