封筒・便箋の書き方

tegami

和封筒

封筒の表書きでは、右側に受取人の住所、中央に宛名、わき付けを書く時は宛名の左側に書き、相手の住所などは、崩さずにハッキリと書きます。住所は郵便番号の下を一文字分あけて右に寄せて書き始め、一行か二行で書きます。二行になる時は、一行めに都道府県名を書き、二行めも頭を揃えて若干小さめに市町村名を書きます。宛名は封筒の中央部に住所よりも一文字ぐらい下げて、住所の字よりも少し大きめに書きます。連名の時は、目上の人から先に書き、それぞれに敬称をつけます。敬称は手紙の本文と同じものにします。わき付けも手紙の本文と同じものを用います。封筒の表書きには、次のような外わき付けがあります。他見をはばかる場合の親展、直披など、急用の場合の至急、大至急、急信など、公私の別を示す公用、社用などがあります。裏書には差出人の住所氏名を書きます。住所は中央の継ぎ目の右寄りで、氏名はその左側に書きます。氏名は天地の中央よりも下めで、住所は氏名の右肩上から始めて氏名の中ほどで終わるようにします。これらは宛名の字よりも小さくします。日付は住所より上の左位置に書きます。封じめには、「封」「緘」「〆」があり、「〆」は女性の場合が多いです。

洋封筒

洋封筒の表書きでは、縦書きと横書きがあります。縦書きにする場合は、裏面から見て封筒の封じ口が右になるようにして書きます。左になるのは凶事の場合に限られています。封筒の表面は、和封筒と同様に、左上に切手を貼り、郵便番号の下に右寄りから住所、宛名の順に書きます。差出人の住所氏名を表に書く場合は、切手の下の位置に書きます。横書きにする場合は、封筒の口が上になるようにして書きます。住所は上段左上から一行か二行で書きます。宛名と敬称は中央に大きめに書き、わき付けは宛名の右下に小さめの字で書きます。また、宛名と敬称を上段に書きその下に住所を書いてもかまいません。裏書は縦書きの場合、封じめの左に差出人の住所・氏名を書き、日付は右肩、左肩のどちらでも良いとされます。封じめは、和封筒と同様です。横書きの場合は、封じめの下に差出人の住所・氏名を書き、封じめは書かないことになっています。

便箋

便箋には罫のあるものと無い無地のものがあります。便箋の厚さやインクがにじまない上質なものを選びます。罫のあるのは、自分の書き慣れた文字の大きさや太さなどに合わせて選ぶことをお勧めします。罫のある場合、文字が罫の外にはみ出さないようにして書き、罫のないものは、天を3センチ、地を2センチ、左右を2~3センチほどあけて書きます。便箋は、本文を工夫したりして、なるべく二枚にわたるように書きます。どうしても一枚になる場合は、白紙の便箋を重ねて二枚にして封筒に入れます。書き出しは、行の一番上から「拝啓」などの起首の言葉を書き、その下を一文字分あけてから本文を書き出すか、改行して1~2文字分下げて書き出すようにします。改行や句読点は、普通の文章を書くのと同じです。の由、につき、ところ、が、の、を、へなど助詞は、行の頭にこないようにします。御、尊、貴など相手を尊敬して使う文字は、行末に書かないようにします。また人名・地名・品物・数字・金額・熟語などは二行にまたがらないようにします。

便箋横書きの場合と便箋の折り方

便箋の横書きは、事務用などで、広く用いられています。アラビア数字やローマ字、記号や英文などが挿入されることが多い場合に向いています。横書きの時は横書きの便箋を使います。便箋の折り方は、和封筒の場合、封筒の大きさに応じて、三つ折りか四つ折りにします。三つ折りは、文面を内側にして下部3分の1のところで折り、さらに上部3分の1ところで折ります。四つ折りは、中央で二つ折りし、さらに二つ折りします。洋封筒の場合、文面を内側にして縦に二つ折りし、さらに横に二つ折りします。封筒を入れる時は、和封筒では、折った便箋の端が、封筒の表から見て左になるようにします。洋封筒では、折った便箋を封筒の左と上に合わせて入れます。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です