年賀状の書き方

tegami

書き方の要点

最近では、メールで済ませることが多いのですが、年に一度の挨拶として手書きの年賀状は個性が発揮でき、なくなることはありません。年賀状は新年を迎えた喜び、気分を新たにこの一年を過ごそうとする、希望や祝福を込めて交換し合うものです。平素、お互いに疎遠になりがちの人に、交情を暖める良い機会にもなります。特に、日頃ご無沙汰している人や遠く離れた人、何かとお世話になった人などには、心を込めて書きたいものです。年賀状は、元旦に相手に届くように出します。印刷した年賀状でも、署名だけは自筆にしたり、賀詞の後の余白に一言書き添えると親しみが感じられるはずです。病気の人には、必ず余白部にお見舞いの一文を書き加えます。自分が出していない人から来た場合、印刷したものは使わず、自筆手書きとするのが礼儀です。年賀状は、賀詞のほかに長々と書くことはあまりなく、もし書く場合は、簡潔にします。毎年似たようなものは避け、新鮮さを出すのが望ましいとされます。日付は、元旦か一月一日と書きます。

一般的な年賀状

一般的な賀詞では、謹賀新年・恭賀新年・賀正・賀春・頌春などがあります。次にいろいろな例文を挙げてみます。新年おめでとうございます。謹んで新年のお喜びを申し上げます。謹んでご一同様のご健康をお祈り申し上げます。はるかに年頭のご祝詞を申し上げます。初春のおよろこびを申し上げます。旧年中はいろいろお世話になりました。若干長いものでは、賀詞に続きつぎのような文が入ります。謹んで新年のお喜び申し上げます。平素はご無沙汰ばかりしておりますが、どうぞお許しください。明けましておめでとうございます。お宅の皆々様おそろいにてご機嫌よくご越年あそばされましたことと、限りなくお喜び申し上げます。友人への年賀状の文面では、「新年おめでとう 毎年のことながら、今年こそはと力むものの、月日を重ねるごとにしぼんでしまう。しかし今年は違う。見ていて欲しい。君の多幸を祈る」とこんな砕けた感じになります。

特別に出す年賀状

先輩や上役、恩師や両親となると、やはり丁寧や尊敬の言葉が必要となります。先輩だと「謹んで新年のお祝いを申し上げます。良きお年をお迎えになられたことと存じます。旧年中はひとかたならぬご厚情をこうむりした、厚くお礼申し上げます」、上役では「謹んで新春の御慶を申し上げます。旧年中はひとかたならぬお世話様になり、ありがとうございました。いつも行き届いたご指示をいただき、お陰をもちまして仕事もやりやすくなり、業績が上げられました」、恩師では「謹んで新年のお喜びを申し上げます。先生はじめご一統様には、お健やかに新年をお迎えのことと存じます。私も相変わらず元気で正月を迎えました」、郷里の両親では「謹んで新年のお喜びを申し上げます。お元気で新春をお迎えのことと思います」以上のような感じで、微妙にニュアンスが変わってきます。

喪中の年賀状

喪中には年賀状を出さないのが習慣です。喪に服する期間は、両親や夫が一年、妻や子供、兄弟姉妹が3カ月とされています。服喪中に新年を迎える場合、例年年賀状を出している人には、十二月の初めに年賀欠礼の挨拶状を出します。また欠礼の知らせが行き届かなくて、年賀状をもらった時は、松が明けてから寒中見舞いをかねて、年賀欠礼のおわびを出すようにします。年賀欠礼の挨拶の文例は次のようになります。「年内も余日少なくなりました。何かとご多忙のことと存じます。私どもではも本年○月○○を交通事故で失い、喪に服しておりますので、新年の挨拶はご遠慮申し上げます」また欠礼の挨拶の返事は、「このたびはご丁寧なご挨拶をいただき誠に恐れ入ります。思いがけないご不幸に見舞われられたとのこと、心からお悔やみ申し上げます」といった感じになります。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です