2月の手紙の書き出し

手紙

春の兆しを知らせる

手紙には、その四季に応じた情緒を盛り込みます。2月は、一年の中で寒さが一番厳しく、雪も多い季節となります。時候の挨拶では、寒さの中、日脚が伸び、春の植物が咲き始め、東風が吹くなどの少しずつ訪れる春を表現した言葉を手紙にしたためたいものです。2月の場合、節分、立春などや、この時期をイメージさせる明るく暖かみがある語句を用いることが多くなります。また福寿草、ふきのとう、バレンタインデーなども風物となります。これらを使い、自分なりの言葉を書いてみるのも面白いかもしれません。先方を気遣う言葉では、様々なものが動き出す春における、先方のご活躍ぶりを確信する文章にします。それでは、この2月の手紙の書き出しについて説明していきます。

ビジネスの手紙の例

・2月上旬
「余寒が厳しい折、貴社ますますご健勝の由、大慶に存じ上げます。~」
「立春とは暦の上のことではございますが、貴社におかれましては、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。~」
「余寒かえってしのぎにくく、健康管理が難しいものですが、○○様にはご健勝のことと拝察いたします。~」

・2月中旬
「残寒の折から、貴社ますますご清栄のことと拝察いたします。~」
「清らかな梅花の香りが漂う折、ご清祥のこととお慶び申し上げます。~」
「梅一輪ずつの暖かさととか申します。このたびの案件を後押ししてくれるかのようで幸先良く感じます。~」

・2月下旬
「寒気の中にも早春の息吹が感じられる頃、貴社の皆様は、いかがお過ごしでしょうか。お伺い申し上げます。~」
「例年にない大雪に見舞われるこの頃。貴社の皆様におかれましては、ご無事でいらっしゃいますでしょうか。お伺い申し上げます。~」
「東風吹く季節、春が間近なことを肌で実感いたします。貴社ますますご多忙のことと存じます。~」

改まった形の手紙の例

「晩冬の候、いよいよご隆昌のこととお慶び申し上げます。~」
「向春の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。~」
「余寒のみぎり、皆様にはご健勝の由、何よりと存じます。~」
「立春とは言え、厳しい寒さが続きますが、皆様におかれましては、ご壮健のこととお慶び申し上げます。~」
「春寒の候、ますますご活躍のことと拝察いたします。~」
「残寒の折から、いよいよご隆昌のことと拝察いたします。~」
「余寒未だ厳しき折、お風邪など召されず、ご壮健にてお過ごしでしょうか。~」

親しみを込めたプライベートな手紙の例

「立春と聞くと、どこか心が浮き立ってきます。~」
「梅のつぼみも膨らみかけています。~」
「春一番に、寒さもようやく和らいできたようです。~」
「バレンタインデーの季節です。今年はいくつもらうのでしょうか。~」
「本格的な寒さが身にしみる頃、いかがお過ごしですか。~」
「春の訪れまで、まだ何日かあるようです。~」
「寒さの厳しい時期、春の便りが待ち遠しいです。~」
「遠山の白雪もいつの間にか消え、里もほんの少しだけ日差しが温かくなりました。~」

まとめ・寒さと春の兆しがある

2月は、一年の中で最も寒さが厳しく、雪も多い季節となります。手紙の受け取り手に、この寒さの中におけるご活躍ぶりを拝察するような言葉を添えた手紙が相応しいと言えます。2月ならではの、節分、立春、福寿草、ふきのとう、バレンタインデーなどの語句を風物として盛り込みます。ビジネスの手紙、改まった手紙、親しみのあるプライベートな手紙には、それぞれに寒さや春の兆しを感じさせる文面になっていることがわかります。ビジネスの手紙では、書き出しに「梅花の香り」のような季節を言い当てた独特の言い回しがあります。改まった形の手紙では、寒さに身が引き締まる思いをイメージさせる語句を用いることが多くなります。親しみを込めた手紙では、2月の行事に因む情景や春の待ち遠しさを表現します。これらのことを上手に盛り込み、2月ならではの手紙を書きたいものです。

 

手紙の書き方  手紙の書き方