3月の手紙の書き出し

季節の移ろいが大きい

手紙には、季節を感じさせる風情を書き入れます。3月は、花見月とも呼ばれ、数多くの花の開花時期にあたります。時候の挨拶では、季節の移ろいやまだ開花して日が浅い花の様子などを表現した言葉を手紙にしたためたいものです。3月の場合、梅、桃、桜などの花を、自分で観察した際に思い浮かんだ言葉を用いることが多くなります。また虫たちが冬ごもりから目覚めて、活動を始めることも風物となります。この時期は季節が大きく変化するので、それを喜ぶ華々しい言葉を入れるのも趣深いと言えます。先方を気遣う言葉では、寒さが緩み暖かみが少しずつ感じられる季節の中、先方が健やかに過ごしていることを確信する文章にします。それでは、この3月の手紙の書き出しについて説明していきます。

ビジネスの手紙の例

・3月上旬
「春光天地に満ちる季節が参りましたが、御社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。~」
「梅の香りが芳しく漂う春暖の候。貴社の皆様にはお元気でご活躍のことと存じます。~」
「寒緋桜が彩り鮮やかなこの頃。御社におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。~」
「猛春のみぎり、ご隆昌の段、お慶び申し上げます。~」

・3月中旬
「三寒四温とはよく言い当てた季節ですが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。~」
「列島を北上する桜前線に乗って○○様からの朗報が届き、胸を躍らせております。この度は、ご昇進おめでとうございます。~」

・3月下旬
「暑さ寒さも彼岸までの言葉通り、春の訪れを実感するようになりましたが、貴社の皆様にはお元気でご活躍のことと存じます。~」
「桃の香り漂う春分の候。貴社の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。~」
「初蝶を見かけ本格的な春の到来を嬉しく感じております。ご無沙汰いたしておりますが、皆様にはお変わりございませんでしょうか。~」

改まった形の手紙の例

「早春の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。~」
「春暖の候、いよいよもってご健勝のことと拝察いたし大慶に存じます。~」
「浅春の候、ご家族の皆様にはますますご清適の由、お慶び申し上げます。~」
「春分の候、○○様には、ご活躍のことと拝察し、心よりお慶び申し上げます。~」
「早春のみぎり、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。~」
「初春の折から、皆様にはご清祥のこととお慶び申し上げます。~」

親しみを込めたプライベートな手紙の例

「桃の節句が近づき、いくぶん春めいて参りました。~」
「ひと雨ごとに寒さもゆるみ、日差しが春の訪れを告げる頃となりました。~」
「卒業式の季節になり、袴姿の女性を見かけます。~」
「窓を開けると春風が心地よく感じられます。~」
「桜のつぼみが膨らみ色づき始めた今日この頃、お元気でお過ごしでしょうか。~」
「桜の開花まであと少し。そちらではお花見できそうですか。~」
「桃のつぼみが膨らんで、いよいよ待ちに待った春の訪れです。~」

まとめ・行事を上手く活用する

3月は、季節の移ろいが感じられ、数多くの花の開花時期にあたりますので、手紙の受け取り手に、この浅い春の中におけるご活躍ぶりを拝察するような言葉を添えた手紙が相応しいと言えます。3月ならではの、ひな祭り、彼岸、卒業式、桃、桜などの語句を風物として盛り込みます。ビジネスの手紙、改まった手紙、親しみのあるプライベートな手紙には、それぞれが季節の変わり目や浅い春を感じさせる文面になっていることがわかります。ビジネスの手紙では、書き出しに「春光天地に満ちる好季節」のような独特の言い回しがあります。改まった形の手紙では、まだ寒さが残る早春をイメージさせる語句を用いることが多くなります。親しみを込めた手紙では、3月の行事に因む情景を表現します。これらのことを知って、風情のある手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方