4月の手紙の書き出し

新年度の励みの言葉を盛り込む

手紙には、四季折々の風情を書き添えます。4月は、いろいろな花が咲き、花を愛でる絶好の季節となります。時候の挨拶では、風に吹かれ、あっ気なく散る花の様子や、花々の彩りなどを表現した言葉を手紙にしたためたいものです。4月の場合、春の花として桜、木蓮、花水木などを用いることが多くなります。しかしこの季節では、手紙を書いた時に咲いていたとしても、相手に届く頃には、散っていることもあります。相手の地域などを考慮に入れて最適なものを選んだり、自分なりの言葉を綴ってみるのも良いと言えます。時候の挨拶の後、一般的には、先方の健康や安否を気遣う言葉を書きますが、4月の新年度に際して、どのような思いでいるのか、どのような環境にあるかを察して、励みになりそうな言葉を書きます。それでは、この4月の手紙の書き出しについて説明していきます。

ビジネスの手紙の例

・4月上旬
「春宵一刻直千金の季節となり、いよいよご壮健のことと拝察いたします。~」
「桜花爛漫の候、貴社におかれましては、ますます輝かしい春をお迎えのことと存じます。~」
「花冷えの日が続いております。貴社の皆さまにおかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。~」
「春宵一刻直千金の頃となりました。皆様におかれましては、ますますご活躍のことと存じます。~」

・4月中旬
「春光うららか日が続いておりますが、ますますご壮健のことと拝察いたします。~」
「○○様の門出をお祝いするかのように、彩り鮮やかな花が咲き乱れております。~」
「新年度がスタートいたしました。心機一転、笑顔にあふれてご活躍のことと存じます。~」

・4月下旬
「上へ上へと咲き誇る花水木のように、御社におかれましては、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。~」
「桜の花も散り、葉桜になろうとしていますが、貴社の皆さまにおかれましてはお元気でお過ごしのことと存じます。~」
「春から初夏の香りを運ぶ風を感じる季節。お健やかにお暮らしのことと存じます。~」

改まった形の手紙の例

「春暖の候、その後いかがお暮しでしょうか。~」

「春暖の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。~」

「陽春の候、ますますご清祥のことと大慶の至りに存じます。~」
「春風の候、皆様にはお変わりなくご健勝のことと存じ上げ、お慶び申し上げます。~」
「清明のみぎり、その後皆様お健やかにお過ごしでしょうか。~」
「清明のみぎり、皆様におかれましては、いかがお暮しでしょうか。お伺い申し上げます。~」
「桜花爛漫と咲き開く、素晴らしい時期の訪れとなりました。ご家族の皆様は、お元気でしょうか。~」

親しみを込めたプライベートな手紙の例

「うららかな日差しに眠気を誘われる毎日です。~」
「春爛漫。花見の季節がやって参りました。~」
「春日のどかな好季節が巡ってきました。ご家族の皆さんは、お元気でですか。~」
「桜の季節は儚くあっという間です。見頃が終わらぬうちに一席設けましょう。~」
「やわらかな春風を頬に感じる心華やぐ季節になりました。~」
「ようやく草木が萌える季節になりました。~」
「あたり一面春めいてまいりました。~」

まとめ・春の情景が浮かぶ手紙に

4月は、数々の花が咲き乱れ、花をめでる最高の季節なので、手紙の受け取り手に、この春のうららかさの中におけるご活躍ぶりを拝察するような言葉を添えた手紙が相応しいと言えます。4月ならではの新年度、スタート、桜、木蓮、花水木などの語句を風物として盛り込みます。ビジネスの手紙、改まった手紙、親しみのあるプライベートな手紙には、それぞれ春を感じさせる文面になっていることがわかります。ビジネスの手紙では、書き出しに「春宵一刻直千金」のような独特の言い回しがあります。改まった形の手紙では、春の明るさや暖かさをイメージさせる語句を用いることが多くなります。親しみを込めた手紙では、春の雰囲気を柔らかく表現します。これらを適宜盛り込んで、春らしい手紙にしたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方