5月の手紙の例文

心がこもった手紙は喜ばれる

スマホなどが普及して、めっきり手紙は書かなくなりました。ですから、ふと思い立って手紙を書こうとした際に、頭が真っ白になってしまったり、何をどう書いたら良いか迷うことはありませんか。5月は、4月に新年度が始まり、そろそろこの新生活に慣れてくる時期にあたります。手紙では書き出しや結びのどちらにも、季節感を感じさせる表現を盛り込んで書き連ねます。5月の季語には、立夏、初夏、薄暑、麦の秋、風薫る、牡丹、新緑、若葉、桐の花、卯の花、新茶などがあります。これらを用いて自分なりの言葉や表現にして、相手を気遣うことが大切です。心のこもった手紙はどんなに時代が変わっても喜ばれるものです。それでは、この5月の手紙の例文について説明していきます。

5月の手紙の書き出し例

「初夏の季節になりました。いかがお過ごしですか。」
「うららかな季節になりました。いかがお過ごしでしょうか」
「若葉の香りが満ちあふれる今日この頃。お変わりありませんか。」
「澄み渡る五月の空が、気分を晴れやかにしてくれます。お元気にお過ごしのことでしょう。」
「街路樹の緑が、日ごとにその濃さを増しております。お健やかにお過ごしですか。」
「新緑が香り立つ好季節を迎えました。お元気でいらっしゃいますか。」
「若葉を渡る風が、さわやかな季節を感じさせる今日この頃。皆さんいかがお過ごしですか。」
「卯の花に夏を思う季節となりました。ますますお健やかなことと思います。」
「行く春を惜しみながらも、清々しい初夏の陽気を楽しむ毎日です。お変わりはありませんか。」

5月の手紙の結び例

「季節の変わり目ですので、より一層ご自愛ください。」
「梅雨入り間近となります。どうぞお身体を大切にお過ごしください。」
「近づく夏と共に、お会いできる日を楽しみにしています。」
「今年は例年になく天候が不順なようです。お健やかにお過ごしください。」
「五月晴れの季節、どうぞお健やかにお過ごしください。」
「庭のつつじが、まもなく満開になります。一度、ご覧にいらしてください。」
「日差しがしだいに暑くなりますが、お体にはくれぐれもお気をつけください。」
「そろそろ新生活にも慣れてきた頃ではないでしょうか。ますますのご活躍をお祈りしております。」
「雲のたたずまいも夏の近さを感じさせますが、くれぐれもご自愛ください。」

結びのネタに使える5月の節季や行事

・八十八夜
立春から数えて八十八日目になる5月2日頃を指します。農家の人が近づく夏に向けて農作業の準備をする日とされます。またこの日に摘んだお茶は珍重され、古くは不老長寿の縁起物とされていました。

・端午の節句
男の子の成長を願う節句を指します。古くは宮中儀式でしたが、江戸時代になり3月3日の女の子の節句と並び、5月5日が男の子の節句になりました。この節句では兜を飾ったり、鯉のぼりを立てたりします。

・立夏
5月6日頃は春分と夏至のちょうど中間になります。八十八夜の3~4日後で、本格的な夏が始まる前に夏の気配が感じられる頃を指します。暦の上では夏の始まりになり、この日から立秋の前日までが夏となります。

まとめ・爽やかさを漂わせる

5月は、新年度に入りひと段落した頃で、季語には、初夏、薄暑、風薫る、牡丹、新緑、若葉、卯の花、新茶などがあります。これらを用いて手紙をしたためます。5月の手紙の書き出し、結び、結びに使えるネタには、それぞれ相応しいものがあることがわかります。書き出しでは、「うららかな季節~」「若葉の香り~」「澄み渡る5月の空」などを用いて相手の元気さなど拝察します。手紙の結びでは、「梅雨入り~」「五月晴れ~」「近づく夏」などを用いて、相手を気遣う言葉で締めくくります。結びに使えるネタには、「八十八夜」「端午の節句」などがあります。これらの季節を感じさせる表現を上手に使って、情緒ある5月の手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方