5月の手紙の季語

tegami

爽やかな季節を彩る

5月を旧来の名称で呼ぶと、ただ単に数字で表すのとは、どこか風情が違います。5月は田植えを行う月の早苗月(さなへつき)に由来して皐月(さつき)と呼ばれています。日本書紀などでは五月と書いて「さつき」と呼んでいました。この他、菖蒲月、橘月、雨月、狭雲月(さくもづき)、鶉月(じゅんげつ)、多草月などがあります。いずれにしましても、爽やかで過ごしやすい時期です。二十四節季では、暦の上での夏を知らせる「立夏」から草木が成長して茂るという「小満」にあたります。手紙の冒頭には、その月の季節を伝える季語や言葉を用いて、先方の安否などを気遣う言葉を書くのが一般的です。季語はその中で主要な要素と言えます。それでは、この5月の手紙の季語について説明していきます。

5月の季語

若葉の候、緑風の候、新緑の候、初夏の候、立夏の候、軽暑の候、晩春の候、暮春の候、葉桜の候、晩春初夏の候、薫風(くんぷう)の候、残春の候、惜春(せきしゅん)の候、万緑の候、若葉のみぎり、緑風のみぎり、新緑のみぎり軽暑のみぎり、晩春のみぎり、葉桜のみぎり、晩春初夏のみぎり、残春のみぎり、惜春のみぎり、緑風の折、風薫る季節、晩春の季節などが挙げられます。この他、俳句の季語にも使われる、子供の日、初夏、卯月、牡丹、葉桜、武者人形、鯉幟(こいのぼり)、菖蒲湯、 新茶、薄暑、 新緑、若葉、椎若葉、夏蕨、野蒜の花(のびるのはな)、薔薇、卯の花、穴子、鱚(きす)などもプライベートな手紙の表現に使えます。

季語を交えたビジネスの手紙の例文

「若葉の候、貴所ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」
「青葉の候、皆様にはより一層ご活躍のこととお慶び申し上げます。」
「新緑の候、貴社ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」
「万葉のみぎり、貴社いよいよご繁栄のこととお慶び申し上げます。」
「晩春の候、貴所ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。」
「残春の候、貴社ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」
「薫風の候、皆様のより一層のご発展をお祈り申し上げます。」
「晩春初夏のみぎり、貴所ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」
「風薫る季節、貴社におかれましては、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」

季語などを交えたプライベートな手紙の例文

「さわやかな季節となりました。毎日お元気でお過ごしでしょうか。」
「清々しい初夏の風が吹く季節となりました。お元気にお過ごしですか。」
「青葉繁れる好季節を迎え、お健やかにお過ごしでしょうか。」
「だいぶ夏めいてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。」
「吹き抜ける風がなんとも心地よく感じる今日この頃。いかがお過ごしですか。」
「行く春を惜しみながらも、心はすでに夏の訪れを待ちわびております。」
「風薫る五月がやってまいりました。○○さんは、お元気ですか。」
「青葉若葉の爽やかな風が吹く季節になりました。近いうちにお伺いいたします。」
「新茶のおいしい季節となりました。お元気でお過ごしですか。」

まとめ・緑の盛んな情景が主体

若葉の候、緑風の候、新緑の候、初夏の候、晩春のみぎり、葉桜のみぎり、晩春初夏のみぎり、晩春の季節などの季語を用いて季節感が漂う手紙を書きます。ビジネスの手紙やプライベートな手紙には、この5月を彩る言葉を使ったそれぞれに相応しい表現があることがわかります。二十四節季では、「立夏」「小満」を用います。ビジネスの手紙では、5月の自然を感じさせる季語を用いて、繁栄や健康を寿ぎ丁寧に表現します。プライベートな手紙では、5月の爽やかな情景などを語りかけるように表現し、相手を気遣います。プライベートな手紙に使える俳句の季語では、葉桜、武者人形、鯉幟(こいのぼり)、菖蒲湯、新茶などがあります。これらを的確に使い分けて、5月に相応しい手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方