手紙の用語

tegami

主文

前文が終わると、いよいよ手紙の中心となる主文に入ります。主文は起こし言葉と用件で構成されています。前文と主文のつながりを円滑にするためには、この起こし言葉を入れると書きやすくなります。これは前後の関係で妥当と思われるものを選びます。起こし言葉には、さて・ところで・つきましては・このたび・今回・今般・さっそくですがなどがあります。主文は、伝えたい事などの用件を的確に順序良く書くことが大切です。借り物の言葉を多用したりせず、自分の言葉で書く必要があります。手紙は相手があるものなので、独りよがりになってしまっては、相手も興味が薄れてしまい、伝わるものも伝わらなくなります。相手がどんな人物か意識して書くことを心がけましょう。

末文

手紙の中心である主文が終わると、一文のしめくくりをするのが末文です。しめくくりの挨拶ですから、主文に応じて、いろいろな場合が想定されますが、次に挙げるものが一般的です。用件を結ぶ場合、まずはお願いまで・右取り急ぎお返事申し上げます・なにぶんよろしく頼みますなどがあります。健康と幸福を祈る場合、時節柄ご自愛専一に願います・いよいよご自愛の上、ご活躍のほど念じ上げます・どうぞお大事になどがあります。伝言を頼む場合は、末筆ながらご一同様へよろしくお伝え願います・皆さんによろしくなどがあります。返事を求める場合は、ご返事をお待ち申し上げております・至急ご回答をお願いいたします・お返事を賜らば幸甚に存じますなどがあります。将来を頼む場合、今後ともよろしくご指導ください・今後ともご指導ご鞭撻を賜りますよう懇願いたしますなどがあります。

あと付け

あと付けは、末文の後に書き、日付・署名・宛名と敬称・わき付けで構成されています。日付は末文よりも一、二文字下げて若干小さめに書きます。重要な手紙では年月日を書く必要がありますが、一般的には、月日だけで良いとされます。漢数字、算用数字のどちらでも良いですが、混在は避けたいものです。署名は姓名を日付の真下か、やや左寄りにし、下を本文から一、二文字上の位置までに書きます。署名が2名以上の連名になる時は、宛名に近いほど上位の人となります。宛名は、署名の次の行か、一行あけてその次の行に本文と同じ高さか、若干低めに、本文よりも少し大きめに書きます。この高さは本文と同等の場合、最も敬意を表し、日付と同じ高さだと自分と同等、日付より下げて書くと目下の相手となります。敬称は一般的には、様・殿で公用では殿、同輩では君などで、恩師なら先生、団体などでは御中となります。わき付けは、敬称で敬意を表した上により一層の尊敬を表す時に使います。一般的には、貴下、丁重には閣下、女性用では、御前とかがありますが、最近ではあまり使われていません。

副文

副文は、追って書きや添え書きとも呼ばれています。手紙を書き終えてから、本文で書き落としたことを後から気づいて書き添える場合と、本文に書くほどの内容ではないものを書き添える場合があります。副文は、宛名から一行あけて本文より一、二文字下げて、若干小さめの文字で書きます。長さ二、三行程度にとどめます。副文の起辞には、追伸・二伸・追って・なお・重ねて申し上げます・一言申し添えますなどがあります。また追伸や二伸は、それたげで一行をとっても良く、一文字分あけて下から文を書いても良いとされます。基本的に副文は書かないことが望ましく、慶弔の手紙や目上の人への手紙には副文は書きません。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です