6月の手紙の書き方

湿度の高い季節を五感で手紙にする

手紙には、季節折々の風情が漂います。6月は、たいていの地域で梅雨入りをし、たまに日差しがあると蒸し暑く、雨天が多く何かとうっとうしい季節となります。このような気分が滅入ってしまう天候の時こそ、相手の心に爽やかな風が吹き抜けるような手紙をしたためたいものです。その季節を美しく感じさせる花や草木、景色は、絶好の題材として手紙に登場します。6月の場合、紫陽花などがよく用いられます。湿度が高い季節を五感を使って表現することがコツと言えます。季節を語る言葉の後には、その季節にあっても、元気で活躍されていることを確信した文章につなげることが一般的です。それでは、この6月の手紙の書き方について説明していきます。

ビジネスの手紙の例

・6月上旬
「梅雨の走りのぐずついた天候より、梅雨入りがすぐそこまできているのを感じます。~」
「天候に負けず、ご活躍のことと存じます。~」
「湿り気のある空気に緑の香りが漂う初夏の候。~」
「外回りのお仕事の○○様にとりましてはお辛い時期とお察しいたしますが、~」
「貴社におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。~」

・6月中旬
「雨に萌ゆる緑が風情を漂わせる季節。~」
「水気を含みより一層美しい紫陽花を見ては、その美しさに心が癒され、~」
「ご依頼いただきましたお仕事も円滑に運んでおります。~」
「○○様におかれましては、お健やかにご活躍のこととお喜び申し上げます。~」

・6月下旬
「雨が上がり、空に架かる虹を見ては幸せな気持ちになります。~」
「貴社におかれましては、実り多い半年であったことと拝察いたします。~」
「本年も、はや半年が過ぎようとしており、時の早さを感じる今日この頃。~」
「○○様におかれましては、公私ともに順調のことと存じます。~」

改まった形の手紙の例

「初夏の候、皆々様には、その後いかがお過ごしでしょうか。~」
「麦秋の候、ご清適の御事、慶祝の至りに存じ上げます。~」
「入梅の折から、ご清福の由、お慶び申し上げます。~」
「梅雨の候、ご家族様には、ご清祥のことと存じます。~」
「首夏の候、いよいよご健勝のこととお慶び申し上げます。~」
「霖雨久しい今日この頃、ますますご清適の段、大慶に存じます。~」
「薄暑の候、いよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。~」

親しみを込めたプライベートな手紙の例

「衣替えの季節となり、街行く人の装いは、既に夏模様です。~」
「梅雨なのに晴天続き。梅雨の中休みというものでしょうか。~」
「紫陽花はまたの名を七変化と申し、色の移ろいが見事です。~」
「うっとうしい梅雨空を眺めながら、梅雨明けを心待ちにする今日この頃です。~」
「雨に濡れた新緑は、また一段と鮮やかです。~」
「木々の緑が日ごとに深まるこの頃、皆さんはお元気にお過ごしのことと存じます。~」
「折り畳み傘が手放せない季節となりましたが、その後いかがお過ごしでしょうか。~」

まとめ・6月を感じさせる語句がある

6月は雨天が多くうっとうしい季節なので、手紙の受け取り手に、爽やかな風が通り抜けるような手紙が相応しいと言えます。季節を感じさせる草花を使って風情を持たせますが、6月の場合、紫陽花が表現しやすい題材の一つになります。ビジネスの手紙、プライベートも含む改まった手紙、親しみを込めたプライベートの手紙と、それぞれに季節を感じさせる語句があることがわかります。ビジネスの手紙では、上旬、中旬、下旬で、表現を使い分けたりもします。改まった正式な手紙では、形式に則り、親しみを込めたプライベートの手紙では、言い回しが柔らかくなります。6月に手紙を出す際には、これらのことをしっかりと把握して手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方