7月の手紙の季語

夏の情緒が漂う

単に7月と数字で言うのではなく、旧来の名称で呼ぶと、どこか情緒が漂います。7月は、七夕に和歌や歌、書の上達を願ったことから文月と呼ばれています。稲穂が膨らむ月でもあるため、「穂見月(ほみづき)」が転じて文月となった説もあります。この他、相月、書披月(ふみひろげづき)、愛合月(めであいづき)、女郎花月(おみなえしづき)、親月(ふづき)、涼月、桐月、七夜月(ななよづき)などがあります。いずれにしましても、夏を感じさせる時期です。二十四節季では、本格的に暑くなるとされる「小暑」、一年で最も暑い時期とされる「大暑」にあたります。一般的に手紙の冒頭では、その月の季節を想起させる季語や言葉を用いて、先方の安否などを気遣う言葉を書きます。季語はその中で中心的なものと言えます。それでは、この7月の手紙の季語について説明していきます。

7月の季語

盛夏の候、炎暑の候、大暑の候、酷暑の候、仲夏の候、極暑の候、猛暑の候、真夏の候、甚暑の候、炎暑の候、烈暑の候、三伏の候、小暑の候、盛夏のみぎり、大暑のみぎり、酷暑のみぎり、仲夏のみぎり、猛暑のみぎり、真夏のみぎり、炎暑の折、大暑の折、小暑の折、甚暑の折、烈暑の折などが挙げられます。この他、俳句の季語にも使われる、鮎、金魚草、半夏生、百合、山百合、姫百合、白百合、黒百合、鬼百合、鉄砲百合、車百合、月見草、青田、雷鳴、夏座敷、扇子、日傘、団扇、登山、月下美人、百日草などもプライベートな手紙の表現に使えます。

季語を交えたビジネスの手紙の例文

「盛夏の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」
「真夏の候、皆様にはより一層ご活躍のこととお慶び申し上げます。」
「炎暑の候、貴所ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」
「大暑の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」
「仲夏の候、貴社ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」
「酷暑の候、皆様のより一層のご発展をお祈り申し上げます。」
「三伏の候、貴所ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」
「猛暑のみぎり、貴所ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。」
「甚暑の折、貴社におかれましては、ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。」

季語などを交えたプライベートな手紙の例文

「長かった梅雨もようやく明け、猛暑の季節となりましたが、お元気でいらっしゃいますか。」
「夏空がまぶしく感じられる今日この頃。いかがお過ごしですか。」
「暑中お見舞い申し上げます。」
「蝉の声が聞こえる季節となりましたが、お健やかにお過ごしでしょうか。」
「例年になく過ごしやすい日が続いております。近いうちにお伺いいたします。」
「今年の暑さはことのほか厳しいように感じられます。毎日お元気でお過ごしでしょうか。」
「真っ青な空に入道雲が湧き立つ盛夏の季節になりました。お健やかにお過ごしでしょうか。」
「炎暑しのぎがたい今日この頃ですが、お元気でお過ごしのことと存じます。」
「梅雨明けとともに、連日三十度を軽く超す真夏日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。」

まとめ・暑さと涼を表現する

盛夏の候、炎暑の候、大暑の候、酷暑の候、猛暑のみぎり、真夏の候、甚暑の候、炎暑の候、烈暑の折、三伏の候、小暑の候、盛夏のみぎり、大暑の折などの季語を使い季節感が漂う手紙を書きます。ビジネスの手紙やプライベートな手紙には、この7月を彩る言葉を巧みに用いたそれぞれに相応しい表現があることがわかります。二十四節季では、「小暑」「大暑」を用います。ビジネスの手紙では、7月の暑さや涼を感じさせる季語を用いて、先方の繁栄や健康を願ってより丁寧な表現にします。プライベートな手紙では、どちらかというと暑さよりも涼を感じさせる情景などを語りかけるように表現して、相手を気遣います。プライベートな手紙に使える俳句の季語では、半夏生、百合、姫百合、白百合、黒百合、車百合、月見草、夏座敷、扇子、日傘などがあります。これらをうまく使い分けて、7月らしい手紙を書きたいものです。

手紙の書き方  手紙の書き方