7月の手紙の書き方

涼を感じさせる

手紙には、季節折々の情緒が漂います。7月は、7日頃に小暑を迎え本格的な夏の暑さが始まります。23日頃の大暑になると、かなり暑い時期となりますので、気分だけでも涼しくなるような言葉を手紙にしたためたいものです。夏バテなど相手の健康を気遣う言葉を入れたり、涼を感じさせる、夏の月、入道雲、夕立、夕凪などの夏の風物などを盛り込みます。特に7月の場合は、七夕、やぶ入り、夏の土用の入りなどの語句がよく用いられます。温度が高い季節を五感を使って表現するのがコツと言えます。季節を語る言葉の後には、この暑さにあっても、元気でいることを確信した文章につなげることが一般的です。それでは、この7月の手紙の書き方について説明していきます。

ビジネスの手紙の例

・7月上旬
「眩しい陽射しを遮る木立の陰を渡りながら、外回りをしております。~」
「小暑を過ぎ、夏本番を迎えました。~」
「貴社の皆様におかれましては、暑さに負けずご活躍のことと拝察いたします。~」
「お互い外出の機会が多い仕事ですので、強い日差しや熱中症には気をつけたいものです。~」

・7月中旬
「今年も温暖化の影響で、例年にも増して暑い夏。~」
「皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。~」
「ご壮健で暑さを乗り切っていらっしゃることと存じます。~」
「晴天が続く盛夏のみぎり、○○様におかれましては、~」

・7月下旬
「○○様はいかがお過ごしでしょうか。~」
「真っ白な入道雲と青空のコントラストは、この時期ならではの美しさの一つです。~」
「街で打ち水をする光景が見られるようになってまいりました。~」
「省エネが注目されて久しいのですが、貴社におかれましても、涼を呼び込む工夫をされていらっしゃることと存じます。~」

改まった形の手紙の例

「盛夏の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。~」
「酷暑の候、この暑さにめげることなく。ご活躍のことと存じます。~」
「炎暑のみぎり、いかがお過ごしでしょうか。~」
「大暑の候、ご清適の段、慶祝の至りに存じます。~」
「炎熱の折から、ますますご清適の由、お慶び申し上げます。~」
「星祭に時節となり、ますますご清祥のことと存じ上げます。~」
「激暑のみぎり、いよいよご隆昌のことと拝察いたします。~」

親しみを込めたプライベートな手紙の例

「暑中お見舞い申し上げます。今年の暑さは例年になく強烈です。~」
「梅雨も明けて、いよいよ夏本番。~」
「長い梅雨が明けて本格的な夏を迎えましたが、お風邪などひいていないでしょうか。~」
「連夜の熱帯夜です。天の川で行水できれば、良いと感じています。~」
「朝顔が鮮やかな花を咲かせる季節となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。~」
「入道雲が空に湧き起こり、夕立に見舞われる季節になりました。~」
「炎暑日ごとに激しさを増し、閉口する今日この頃、皆さんはお元気でしょうか。~」
「うだるような暑さが続く毎日ですが、夏バテなどせずに頑張っていますか。~」

まとめ・夏の風物を盛り込む

7月は、梅雨が明けて本格的に暑さが増してくる季節なので、手紙の受け取り手に、気分だけでも涼しくなるような言葉を添えた手紙が相応しいと言えます。七月ならではの七夕、やぶ入りの言葉や夕立、夕凪などの涼を感じさせる夏の風物などを盛り込みます。ビジネスの手紙、改まったプライベートな手紙、親しみのあるプライベートな手紙には、それぞれ季節を象徴させた文面になっていることがわかります。ビジネスの手紙では、相手が暑さに負けずに活躍をしていることを慶ぶ文面にします。改まった正式な手紙では、形式に則った時候の挨拶を入れます。親しみのあるプライベートな手紙では、砕けた形で季節の厳しさを表現します。7月に手紙を出す際には、涼などを感じさせる表現で好印象の手紙にしたいものです。

 

手紙の書き方  手紙の書き方