夏の時候の挨拶

tegami

盛夏とされる七月

七月は古来日本の言い方では文月と呼ばれています。○○の候などと単純な挨拶の形で用いたり、挨拶文の要の言葉には、仲夏・酷暑・猛暑・七夕・土用の入り・夕立・驟雨などがあります。挨拶文の例文としては、次のようなものが挙げられます。昨今の炎暑いかがお過ごしでしょうか。炎暑たえがたい候。盛夏の候。猛暑著しい折。大暑の候。三伏の候。近年稀にみる暑さ。熱暑たえがたく。梅雨も明けて。梅雨明けの蒸し暑さ閉口。夜も眠れぬほどの暑さ。梅雨晴れの夏の日差しも強く。夏の日差しに日影が恋しくなる折。急に暑さが増してまいりました。今年の暑さは格別に厳しうございますが。海山が恋しい季節に。寝苦しい夜も増えてまいりました。目もくらむような夏空。蝉がいち早く夏を知らせてまいりました。夏祭りの賑わいも楽しく。天の川が美しい季節。笹の葉を揺らす風が心地よく。夕風の涼味。日傘が手離せない季節となりました。昨夜の雨で今朝はいくぶんしのぎよく。いよいよ待望の夏休みです。心頭滅却すれば火もまた涼しと申しますが。このようなものを参考にして時候の挨拶としてください。

晩夏とされる八月

八月は古来日本の言い方では葉月と呼ばれています。○○の候などと単純な挨拶の形で用いたり、挨拶文の要の言葉には、残暑・剰暑・秋暑・土用波などがあります。挨拶文の例文としては、次のようなものが挙げられます。残暑かえって厳しく。立秋とは名ばかりの暑さ。土用明けの暑さひとしお強く。暦の上では秋ですが。残暑なお厳しい折から。西日の激しさにはほとほと閉口しております。暑さも今が峠で、朝夕は多少涼しくなってまいりました。残暑たえがたく。一向に涼しくなる気配もなく。さすがに朝夕は涼しくなり。空の色も澄み、なんとなく秋の気配が感じられ。夕映えに夏の余韻をとどめるように。月遅れのお盆も過ぎて。盆踊りの太鼓の音も賑やかに。夕べの風の音に秋を感じ。星の光が美しさを増して。虫の声もようやく激しくなり。すだく虫の音も夜ごとに冴えて。ひぐらしの声もしきりに涼を呼び。ひぐらしが夏を惜しんで鳴いています。夕風の涼しさに昼の汗も乾き。夏休みも残り少なくなり。赤とんぼを見かけるようになりました。このようなものを参考にして時候の挨拶としてください。

初秋とされる九月

九月は古来日本の言い方では長月と呼ばれています。○○の候などと単純な挨拶の形で用いたり、挨拶文の要の言葉には、秋色・秋気・涼気・涼風・野分・台風・厄日・秋晴れ・朝寒・夜寒などがあります。挨拶文の例文としては、次のようなものが挙げられます。二百十日も無事にすみ。台風一過の秋晴れの折。初秋の候。さわやかな初秋の候。秋の気配のそこはかとなく。残暑もようやく薄らいで、夕暮れの涼風が秋を思わせます。もくせいの香に秋をしみじみ感じる頃に。虫の音の美しい季節。いまだ昼間の日差しは強くとも、夜陰の風は秋めいてまいりました。朝夕はうす冷えを覚えることもあります。めっきり秋めいてまいり。すっかり秋の夜長になりました。目立って日足が短くなり。灯火親しむ季節となり。新涼快適の季節となり。蝉の声も日増しに細ってまいりました。こおろぎの鳴く音もさびしく。群れなす赤とんぼが季節の移ろいを告げています。このようなものを参考にして時候の挨拶としてください。

手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です